メディアで色々簡単皮むきとかアイディアグッズとかの紹介がありますが、ずぼら主婦の私は小道具を使うことさえおっくうでございます。そこで何も使わずできるズボラアイディアをご紹介いたします。

簡単ゆでたまごの殻剥き

卵を茹でる前に気質部分にヒビを入れるだけ。

出典自作画

出典筆者撮影

シンクやコンロの縁などの角の丸いところで軽く2,3回たたいてヒビを入れます。

出典筆者撮影

こんな感じになります。もう少し小さくても大丈夫です。

出典筆者撮影

あとは普通に水からゆでます。水の量は卵が少し出ていても構いません。
お好みの時間湯がいたあとは自然にあら熱をとるか、水につけてある程度冷めてから
むいてください。取っ掛かりがなくてむきにくい時は殻をこんこんと軽くテーブルなどにたたきつけてヒビを大きくしてからむくと楽です。

出典筆者撮影

茹でたてでまだ温かいうちでも綺麗にむけます。注意点は温かい時に剥くと白身が柔らかいので優しくむいてくださいね。

豆知識

ゆでたまごは新しい物より賞味期限ギリギリのような古い卵のほうが美味しいゆでたまごになります。新しいものだと白身が柔らかく、クチャっとした感じになります。
長時間茹でると少しはプリっとしますが・・・。古いもののほうが白身がぷりぷりになり歯ごたえが良いです。

玉ねぎの簡単皮むき

玉葱の皮がむき難いのは皮がカサカサに乾燥しているから。なので水分を与えてやれば良いのです。

出典筆者撮影

まんべんなく玉ねぎに水をかけます。ほんの数分そのままにしておきます。

出典筆者撮影

そのままむいても簡単にむけますが、写真のようにお尻の部分から包丁を入れ、

出典筆者撮影

皮を少しつけた状態で引っ張ります。

出典筆者撮影

簡単にむけます。皮の厚いもので中側がまだむき難いようなら少し水をかけるとすぐにむけます。

にんにくの皮むき

これも玉ねぎと全く同じです。

冷凍にんにくの皮むき
にんにくの保存法として皮付きのまま、ばらばらに小分けしてからビニール袋に入れ冷凍すると1年以上は持ちます。必要なときは少しの時間、解凍するだけで簡単に皮がむけます。

お洗濯編

洗濯物を干したり取り込んだりの時の洗濯バサミ、置き場に困るっていうのをテレビで観ました。うちではこんな風にしています。

出典筆者撮影

服にひっつけてます。ポケットがあればその中に入れますが無いときはつけやすいところにつけてます。

ベランダなどでの履物の向き

屋外で洗濯物を干したり用事をしていて宅配便などが来たーってときは慌てますね。
忙しく出たり入ったりするとき、サンダルなどの履物の向きが履きにくいむきになって困る。と、いうのもテレビで観ました。

出典筆者撮影

次に外に出ようとした時、履物の位置が真逆、体を180度回転するのは結構辛い。

出典筆者撮影

うちではこうしています。ちょっと体を90度回転するだけ。どんなに急いでいてもこうして横向きに脱いでおけば次に履く時すごく楽です。真後ろを向かなくてもちょっと横に向くだけで楽さが全く違います。

冬の屋外での洗濯物干し・・・寒いです

洗濯したらそのままかごに入れて外に干す・・・・
そんな寒いこと出来ません。

出典筆者撮影

洗濯済んだらその場でシワを伸ばしてハンガーに干し、それを鴨居に引っ掛けておいて、最後にまとめて外の物干しに干してます。「洗濯機が外だよ。」という人は洗濯物を一旦部屋の中に入れてからこのように干して、まとめて外に出すと少しは暖かくていられます

なにせズボラな私、グッズとか使うとその後洗ったり片付けたりがとにかく面倒なのであります。些細な事でも集まれば大きな負担。手間を掛けずに楽したい方はやってみてください。

この記事を書いたユーザー

平原さあこ このユーザーの他の記事を見る

1児の主婦。アニメ大好き、潜伏中のイラストレーター。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら