なぜ、生え際が薄くなるの?

薄毛は男性にとって、大きな悩みの種です。特に生え際はひと目につきやすいため、気にしている人も多いはず。自分でも薄くなってきたと実感できる場所です。

男性の薄毛には、遺伝や加齢、生活習慣、ストレスなど、さまざまな要因が関係していると考えられていますが、特に大きく影響しているのは、男性ホルモンです。

出典 http://mens-skincare-univ.com

男性ホルモンの中にある、「テストステロン」は、もっとも分泌量が多く、重要な役割を持っています。その「テストステロン」が頭のてんっぺんや生え際部分にある「5α-リダクターゼ」と結びつき、「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変わります。

この「ジヒドロテストステロン(DHT)」は、脱毛を促進する物質です。だから、頭頂部や気になる生え際が薄くなっていきます。

そこで、生え際だけの増毛を考えてみませんか?

生え際に増毛をオススメします

増毛とは、見た目の髪をボリュームアップさせる方法です。

増毛法はどれも、きちんとしたメーカーで施術を行えば、近くで見ても、増毛していると気づかれないほど、自然な仕上がりになります。

出典 http://mens-skincare-univ.com

生え際にの増毛には、自分の毛を人口毛と結びつける、「結毛式」がオススメです。生え際は、産毛がたくさん生えています。そのため、産毛をリアルに再現できる極細の人口毛を使用した製品にするのも賢いやり方です。

もう、ほとんど毛がないから増毛は無理?

結毛式の増毛では、自毛が残っていないとおこなうことができません。

「もう、ほとんど残ってないです」というあなたにも、オススメな増毛法があります。

それは、接着タイプ。人口毛が初めから植えられているシートを頭皮に貼り付けるやり方です。これなら自毛の心配は不要です。

増毛は、一度施術を受ければそれで終わりというわけではなく、定期的なメンテナンスを必要とするので、継続的にコストがかかってしまうのが難点です。

出典 http://mens-skincare-univ.com

増毛後にはキチンとしたメンテナンスをしましょう。

生えてこなくても生やせばいい

脱毛サイクルになってしまった髪。復活してまた生えるようになる道のりは、遠いようです。かといって、自然の流れに身を任せていると、どんどん薄毛は進行します。簡単に髪のボリュームアップを望むのなら、増毛がオススメです。自然に生えてこないのなら、人工的に生やせばいい、それくらいの心意気で増毛を検討してみませんか?

この記事を書いたユーザー

メンズスキンケア大学 このユーザーの他の記事を見る

男性のあらゆる肌悩みを解消するべく、肌トラブルに対する正しい対処法、改善方法などを医師や専門家の協力のもと信頼・安心できる情報をお届けします。

得意ジャンル
  • マネー
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら