洗濯時使える節水法

エコ面でも節約面でも節水は気になるもの。

水を使い日常的なことを見直せば効果的節水が可能に。

お風呂の水を選択に使いまわすと節水に。お風呂の水はきれいな水とうまく使い分けることが大事。

洗濯は洗濯物がきれいにならなければ意味がなくて、お風呂の水は洗剤で洗うとき使ったり1回目のすすぎにだけつかったり、洗濯ものの仕上がりに影響が出ない範囲で。

洗濯で節水を意識するなら、使う洗剤を工夫する手も。すすぎが1回で済むタイプの洗剤をチェックしてください。

洗濯機の種類でも使い水の量は変わり、買い替えのタイミングで、節水できるタイプの洗濯気にすると意識しないで節水できます。

ひどい汚れは事前に落としてから洗濯機へ。事前に落とす時お風呂の水を利用しましょう。

ひどい汚れを洗濯機で全部洗おうとすれば無駄が出て、軽い汚れものとひどいものを混ぜ洗うときも無駄が出ます。

ひどいのは前日風呂で漬けおき洗いしておくと手間もかからないです。

ほこり、泥など事前に払って洗濯機にかけてみたほうが無駄が出ず節水に。

洗う回数を減らそうと洗濯ものを詰め込み過ぎれば、効率よく落とすことができなくて、洗濯は汚れをきれいに落とせなければ意味がなく、洗濯機に負担がかかり無駄に。

1回の洗濯は洗濯機に合わせ適量でしてください。

弁当を毎日作るために

節約のために便箱を買い材料をそろえても続けないと弁当箱大も無駄に。
夕食のおかずを多めに作り、メインのおかずは次の日のお弁当の分も作ってください。

弁当の大部分のメインのおかずがもうできていると思うと多少寝坊しても作る気になれます。

副菜なら何日分も作り、切り干し大根、ひじきは一袋全部戻し作ります。夕飯に食べる分をとり分けてあとは冷凍。

冷凍庫に入れられる容器にアルミカップを並べて、その中に小分けし冷凍して、弁当箱には冷凍したまま入れ、食べるころはちょうどよく解凍されてます。

傷みにくく一石二鳥。

炊飯のタイマーをセットしてから寝てください。無洗米は5分もかからず、ご飯が炊いてあれば最悪おにぎりでもいいと思えばやる気になります。

梅干しやふりかけ、ゴマ塩やサケフレークなど上にかけておにぎりの具にしていいのを数種類用意。

海苔を買ってくれば10枚のうち5枚ぐらい6分割で切っておけばおにぎりを作ったらさっと負けて作る気が起きやすくなります。

お弁当の練り物は賞味期限が短く、切ってすぐ入れられて、「今日までだった。お弁当に入れなきゃ」といった創る原動力に。

時間があればちくわの穴にクリームチーズ、キュウリを入れたりしバリエーションもつけやすいです。

ミニトマトは洗いそのまま入れられ、彩もよくブロッコリーは買ってすぐ塩ゆですればそのまま入れられ便利。

この2つは入れれば豪華に見えて栄養バランスもとりやすくなります。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら