出典 http://jolythgoe.blog.com

少年の名前はザック・ヤコブ・コーツくん(9歳)予定より14週も早く生まれてきた彼をみて母親のジョアンさんの時間は一瞬ストップしてしまいました。

早産だったザックくんは自力呼吸もできずインキュベータに入り人工呼吸器に繋がれ、そして…重度の口唇口蓋裂だったのです。

出典 http://jolythgoe.blog.com

体重はわずか900gのザックくん。重度の口唇口蓋裂の症状は右側には頬骨、鼻の穴、唇、下の瞼がありませんでした。ザックくんが生まれたキプロスの病院では対応できる医師さえおらず助かった場合でも通常の生活を送るのは困難だと告げられたそうです。

出典 http://jolythgoe.blog.com

小さな身体で頑張るザックくん生まれてから2週間後、容態も安定してきたので母親のジョアンさんは故郷のイギリス・マンチェスターにザックくんと共に里帰りしすぐさま地元の病院を訪れたのです。

しかし、そこで新たに判明したのは脳内出血や心臓疾患、その他多くの問題が見つかりました。小さなザックくんに立ち塞がる困難な壁!

出典 http://jolythgoe.blog.com

しかし、ザックくんは小さな身体で懸命に困難に立ち向かいました。辛い検査に治療を耐え抜いたのです。ですが、口唇口蓋裂はマンチェスターの医師も見たことがない程、重度なものです。しかも、ギプロスでの処置が悪かったため右目の視力は完全になくなっていたのです。

出典 http://jolythgoe.blog.com

諦めないジョアンさんとザックくんは9年間の間、何度も手術を繰り返してきました。その結果、ザック君の顔を整形することに成功し、1人で食事をとることもお喋りをすることも笑うこともできるようになったのです。

出典 http://jolythgoe.blog.com

しかし、偏見の目はザックくんに容赦なく振り掛かりました。『怪物』と呼ばれイジメられる日々…ですが、ザックくんは負けていません。一番の武器それは笑顔で応戦するのです。

「小さい女の子がザックのことを『バケモノ』て呼んだら、彼はふざけてバケモノになったふりをして、その女の子の後を追いかけていったわ!

人はよく彼のことをジロジロ見つめるけど、ザックは気にならないみたい。
自分からその人たちに近寄って『僕、口唇裂で右目はまったく見えてないんだ。
ところで、どうしてそんなにこっちを見るの?』って聞きに行くの。」

出典 http://jolythgoe.blog.com

持ち前の明るさと強い気持ちでイジメだって返り討ちです!けれど、まだ9歳のザックくん。時には何度も繰り返す説明に疲れ果てることもあるそうです。

出典 http://jolythgoe.blog.com

家族の溢れる愛情と持ち前の明るさに強い気持ちをもったザックくんはどこにでもいる9歳の元気な男の子。学校では人気者だそうですよ。彼は多くの口唇口蓋裂患者さん達に勇気を与える存在。学校の先生も彼のことを誇りに思っているといいます。

多くの困難にあっても偏見の目でみられても小さな身体で事実を受け止める大きな心を持つザックくん。大人の私達も彼から学ぶべきことがたくさんあると感じます。これから彼の前に立ち塞がる困難な壁があったとしてもザックくんなら乗り越えることができると確信しています。がんばれ!

Thanks for reading to the end♪

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス