今年も全国の神社などで煤払いが行なわれる時期になりました。みなさんはふつうの掃除と煤払いの違いがなにかご存知ですか?

煤払いとは

「煤払い」は「煤掃き」ともいいます。東京では江戸城で煤払いが行なわれた日にならい、12月13日に行なわれます。現代の生活ではめったに煤を見ることはありませんが、電気やガスが普及するまで日本の家では竈や囲炉裏、照明には蝋燭を使っていました。そのため、12月になると天井の煤払いを行なうのが慣わしだったのです。

年神様を迎える準備

煤払いは単なる大掃除ではなく、新年を迎えるにあたっての清めの儀式を兼ねていました。12月13日は正月の準備をはじめる「事始め」にあたります。一年のうちに溜まった煤や穢れ、ホコリを払い、年神様を迎えるための準備をするのです。

揺すぶって厄を払う

商家では煤払いの後、胴上げが行なわれていました。この胴上げには「厄払い」の意味があるのではないかと考えられています。祭りの神輿のように「揺すぶる」ことは神霊を喜ばせる行為です。それは魂を肉体に定着させるまじないであり、悪いものを払い落とす厄払いにもなりました。

また煤払いの際、古い道具が付喪神に変化しないように捨てることもあったようです。昔は器物も年月を経れば化けて出ると考えられていたからです。

ちなみに地方では師走の末に煤払いをすることが多いのだとか。東京では13日の煤払いが済むと正月用品を買い求める歳の市がはじまります。

今日では宗教的意味はすっかり忘れられていますが、本来は心身ともに健やかな状態で年神様をお迎えするため、心を込めて行われるものなのです。

この記事を書いたユーザー

華蓮 このユーザーの他の記事を見る

子供の頃から不思議なものを見つけたら調べずにはいられない性格。ちょっと恥ずかしがり屋なのはご愛嬌。一般の人が知らない「面白い」を探すのが私の喜びです。

権利侵害申告はこちら