我慢の禁煙などやめて
愛煙していれば
やめるのは簡単だと
誰もが感じている。

「二度と吸わない!」
と誓うことで
考え方に
吸わされていることを
誰もが感じている。

今我慢の禁煙を
頑張っている
すべての人は、
本当はその苦悩は
必要ないことを
直感で知っている。



喫煙者があるとき
禁煙ブームに流され
いきなり嫌煙者に。

「本当は吸いたい」
と思いながらも
我慢の禁煙を
頑張らなければ
いけなくなるのは
嫌煙者の影響。

本来は縁のない
世界観に生きるせいで
自然な感覚に逆らい
我慢の人生を
歩むことになる。



本当にしたいことを
制御なくすることで
場合によっては
体を壊すこともある。

それでもだ、
体を壊してでも
したいことがあるなら
納得できるまで
やりきったほうが
悔いは残らない。

中途半端に
健康を気取るから
吸いたくても吸えない
弱々しい人生を
歩むはめになる。



【愛煙セラピー「2102」】 

『我慢の禁煙なんて
何の意味もないことを
誰もが心の奥底で
感じている。
タバコをやめたいなら
吸わないだけにすれば
いいことぐらい
知っているのだ。』

2015/12/16
愛煙セラピスト
志村嘉仁

そう、知っていて
我慢の禁煙を頑張る。

もしかしたら
タバコを吸いたい欲求が
見えない力によって
体から消え去ると
信じているのかも。

そんなことは
ありえないのだ、
美味い一服の記憶は
死んだあとも
宝物になるかも
しれないのだから、
吸える人とタバコに
愛を持って
吸わないことも
楽しんだほうが
豊かな人生になる。

この記事を書いたユーザー

愛煙セラピスト 志村嘉仁 このユーザーの他の記事を見る

こんにちは。
愛煙セラピストの志村嘉仁(しむらよしひと)です。
タバコをやめたい人へのメッセージを配信しています。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら