医薬的に認められたミノキシジルとは?

巷にはたくさんの根拠の無い、発毛法が出回っています。そんな中、本当に効果のある育毛剤や改善方法を見つけるのは、難しいと感じている方も、大勢いらっしゃるのではないでしょうか。そこで、医薬的にも認められた「ミノキシジル」を紹介します。

日本皮膚科学会による『男性型脱毛症診療ガイドライン』。これは日本初となるAGA対処法のガイドラインで、国内外の論文や臨床実験データをもとに、あらゆる治療薬や育毛剤の成分を分析し、科学的根拠に基づいて5段階評価をつけたものです。

「ミノキシジル」は、このガイドラインの中で、プロペシア(フィナステリド)と共に、最高ランクのA評価を受けています。

AGA(男性型脱毛症)の治療に、高い効果を発揮することが認められている「ミノキシジル」という成分は、もともとはアメリカで血管を拡張し、血圧を下げる降圧剤として利用されていたものです。

投与している患者の中に、発毛効果が認められたことをきっかけに、薄毛に有効な成分として研究されるようになりました。

ミノキシジルには、血管を拡張させる作用があるため、頭皮の毛細血管を拡げ、血行を促進し、毛乳頭が栄養を受け取るのを助けます。またミノキシジルは、毛母細胞にも働きかけ、細胞分裂を活性化させ、髪の成長を早めるとも言われています。

出典 http://mens-skincare-univ.com

ミノキシジルはどこで買えるの?

アメリカでは1986年に、ファルマシア・アップジョン社(現 ファイザー株式会社)からミノキシジルを含む「ロゲイン」という外用薬が販売されるようになり、日本でも1999年に大正製薬から「リアップ」が販売され、今日に至っています。

リアップは一般用医薬品なので、薬局やドラッグストアなどで、誰でも購入することができます。

一方、ロゲインは日本の薬局などでの取り扱いはありませんが、AGA治療を行うクリニックで処方してもらう他、個人輸入やインターネットの通信販売で入手が可能です。

ですが、個人輸入などで独自に入手するのは、大変危険ですのでオススメできません。AGA治療の専門クリニックなどで、きちんと医師に処方してもらってください。

ミノキシジルに副作用は?

医薬品なので、まれに副作用を起こす人もいます。

もっとも報告が多いのが「頭皮のかゆみ」です。症状がひどい場合は、一旦使用するのを止め、医師に相談してみましょう。

狭心症や心臓病など、循環器系の病気をお持ちの方は、使用する前に医師に相談し、アドバイスをもらいましょう。

ミノキシジルタブレットは、副作用も外用薬より強くなるので、服用には十分な注意が必要です。

まとめ

発毛に期待が持てる「ミノキシジル」ですが、プロペシアと併用してその威力を発揮します。また、安易に個人輸入に頼って、のちのち泣かないように気を付けましょう。メンズスキンケア大学では、ミノキシジルに関する記事がたくさん掲載されています。今回、紹介できなかった、内容の記事もあります。ぜひ、御覧ください。

気になる副作用は、こちらから。

ミノキシジルの効果を紹介しています。

この記事を書いたユーザー

メンズスキンケア大学 このユーザーの他の記事を見る

男性のあらゆる肌悩みを解消するべく、肌トラブルに対する正しい対処法、改善方法などを医師や専門家の協力のもと信頼・安心できる情報をお届けします。

得意ジャンル
  • マネー
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら