プロペシアが効く仕組み

病院のAGA(男性型脱毛症)治療薬として使われている「プロペシア」。一体どんな効果があるのか、気になりませんか? そこで今回は、プロペシアの効果をご紹介していきます。

AGAを招く最大の原因は、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という強力な男性ホルモンです。

ジヒドロテストステロンによって脱毛のシグナルが発信されると、髪の毛はうぶ毛のようにやわらかく短い状態で成長を止め、抜け落ちるようになります。

フィナステリドは、AGAの原因となる男性ホルモン、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害する作用があります。これにより、髪が薄くなるのを抑えることができます。

さらに髪の太さ・長さなども改善されることもわかっており、頭頂部だけでなく生え際など前髪の部分にも効果があります。

プロペシアに副作用はないの?

気になる価格は、診療代・調合代などを含めて1ヶ月分9,500円〜13,000円程度。現在、AGAの治療には健康保険が適応されないため、他の治療薬に対して高額になっています。

プロペシアは、1日1粒の服用を継続しなくてはならず、飲むのを止めると、またAGAが進行してしまいます。つまり、プロペシアの効果を持続させるためには、一度飲み始めたら、ずっと飲み続けなければならなくなります。

プロペシアには、全体の1%未満とごく稀にですが、勃起付機能不全や精液量減少などの副作用の報告があります。このような症状に気づいたら、担当の医師や薬剤師に相談しましょう。

サプリじゃダメなの?

AGAの治療薬が、高いことはわかりました。代わりに、サプリの使用ではダメなのでしょうか?

よく、「血行を促進してAGA対策」や「毛髪に必要な栄養素を補給してAGAを改善」といったキャッチコピーでAGAへの効果をうたった成分も紹介されていますが、血行促進や栄養補給は、頭皮環境の整えにより間接的にAGA予防となることはあっても、直接的な予防や改善にはつながりません。

AGA対策として大きな効果を期待するのであれば、やはり脱毛を引き起こす物質に直接的にアプローチする成分が配合されたものの使用をおすすめします。

ただし、どの成分も「効果が期待できる」というもので、効果の現れ方には個人差があります。自分に合ったサプリメントを見つける事が大切であることを忘れないようにしましょう。

まとめ

AGAの治療薬にプロペシアが、効果があることがわかりました。でも、飲み始めたら続けないと効果が上がらず、副作用も心配です。そんなあなたのために、メンズスキンケア大学に掲載されている、プロペシアに関する記事を紹介します。ぜひ、御覧ください。

プロペシアの発毛効果をチェックするのなら、こちらから。

心配なデメリット、副作用や値段の話は、こちらから。

AGAの副作用、心配な点を紹介しています。

今回の記事で紹介できなかった、サプリの種類を紹介しています。

この記事を書いたユーザー

メンズスキンケア大学 このユーザーの他の記事を見る

男性のあらゆる肌悩みを解消するべく、肌トラブルに対する正しい対処法、改善方法などを医師や専門家の協力のもと信頼・安心できる情報をお届けします。

得意ジャンル
  • マネー
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら