プロペシアの登場がAGA治療を変えた!

世界で初めて医師の処方が認められた飲むAGA治療薬(男性性脱毛症用薬)「プロペシア」。この薬の登場で、AGAは病院で正式に治療ができるようになりました。プロペシアは、世界60カ国以上で承認されており、日本においても厚生労働省から認可されている唯一のAGA治療薬として、薄毛外来や皮膚科などでもっとも多く処方される薬です。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドには、AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)を作りだす還元酵素「5αリダクターゼ」を阻害する作用があるといわれ、これによりAGAの進行を遅らせることができるとされています。

プロペシアの有効成分である「フィナステリド」は、アメリカで前立腺肥大の治療薬として開発された成分です。

しかしAGAの人が飲むと、副作用として発毛効果があることがわかり、それをきっかけに発毛剤としても研究されるようになりました。

フィナステリドは、日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドライン」でも、推奨度Aランクに位置づけられ、「男性症例に内服療法の第一選択薬として用いるべきである」とされています。

プロペシアのデメリットとは?

プロペシアでは「発毛」や「毛根再生」はできないということ。つまり、プロペシアはAGAの進行を遅らせることはできても、発毛が止まってしまった毛穴から新たに毛髪を再生させることは不可能というわけです。

プロペシアの効果は、AGAの影響によって早く抜け落ちるはずだった毛髪のヘアサイクルを整え、成長期間を長くする事で、今現在残っている毛髪を太く長くすることです。

また、服用の効果を実感するためには、最低でも6か月以上の継続が必要です。AGAの治療は基本的に保険適用外のため、通院にも処方薬にもかなりの費用がかかります。

プロペシアの購入方法

プロペシアは、ドラッグストアなどでは取り扱っておらず、購入するには医師の診断と処方が必要です。

海外から自分で個人輸入したり、個人輸入代行業者を利用したりして入手することも可能ですが、ニセモノが送られてきたり、入金後に連絡が取れなくなったりするなど、悪質なケースも多いのでオススメできません。

AGA治療にプロペシアを使いたい人は、必ず病院を受診し、医師に処方してもらいましょう。

まとめ

AGAの治療薬として登場したプロペシア。AGAの治療の救世主といっても過言ではありません。そんなAGAの治療薬に関する記事が、メンズスキンケア大学に掲載されています。今回、紹介できなかった内容も書かれていますので、ぜひ御覧ください。

プロペシアのメリットは、こちらから。

この記事を書いたユーザー

メンズスキンケア大学 このユーザーの他の記事を見る

男性のあらゆる肌悩みを解消するべく、肌トラブルに対する正しい対処法、改善方法などを医師や専門家の協力のもと信頼・安心できる情報をお届けします。

得意ジャンル
  • マネー
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら