可愛い絵からエクセル仕様のひな形まで多数!

「マインドマップ」という言葉を聞いたことがありますか?企業や学生さんでも、マインドマップを取り入れているところが増えており、その重要性が注目されています。個人でも大多数でも、意見というのは纏まりに欠けることが多いため、結局何がしたいのかわからないといった状態になる会議も少なくありません。

そこで、マインドマップの活用について注目してみました。

マインドマップとは?

マインドマッピングもしくはマインドマップは、トニー・ブザンが提唱した、自分の考えを絵で整理する表現方法です。脳の思考を開放するといわれている「放射思考」に基づいて考案された、従来とは全く違うノート術・発想術のことです。

出典 http://mindmap.ainest.com

とても独特な絵で表現することもあれば、エクセルを使用したグラフのようにあらわすこともあるマインドマップですが、現状を見つめるタイプと目的をしっかりと表すタイプと分かれると感じます。

過去や現状を見つめるタイプは、どちらかというと抽象的な表現が多くフワッとした今を視覚化する形になります。目的型は、どういった工程が問題であり、将来はコチラへ向かうといったしっかりとした歩みを視覚化していることが多いでようです。

どんな時に書くと便利なのか?

マインドマップは視覚的手法を用いて誰もが身につけることができ、学習能力を高めたり、考えを明らかにするのに役立ち、生産性の向上を目的としたあらゆる用途に使用することができます。

出典 http://mindmap.ainest.com

例えばですが、個人事業主の方にはとてもぴったりかもしれません。もしくは、これから起業しようという方にもオススメだと思います。更には就職活動や、恋愛に困っていたり、将来の不安があったりなど「整理したい気持ち」がある方、ものすごくオススメです!

自分では書けない!そんな時は書いてくれる人がいます!

マインドマップを専門に書いてくれるイラストレーターのような人々が沢山います。マインドマップは、多種多様な形態をしているため、自分が一番合う好みの形を探すことから始めたほうがいいでしょう。

また、価格もピンキリであり自分自身で書いてみても中々難しという場合は、相手に書いてもらうための「伝える力」が重要なポイントとなってきます。いかにコミュニケーションを取り伝えることをするか、伝えることからのフォローがあるのか?と吟味してライターさんを選ぶといいでしょう。

ツールを使ったマインドマップの作成方法もあります!

手書きで書いてくれるイラストレーターさんもいるようです!

マインドマップを知ることから始めるのも楽しいかも!

現状を見直す・将来性を高める・過去を整理して目標を視覚化する

自分のことを客観的に見るというのは非常に難しいです。まして、ただでさえ頭を抱えるような問題であればあるほど、一番気になる部分が大きく見えてしまい本質を失いがちになります。自分の気持ちや考えをリセットしてキレイに整理整頓するには、心のリフレッシュが必要です。

そのためのひとつのツールとして、マインドマップがあるのだと思います。

自分自身で書くことで整理できる人もいますし、外注することでカウンセリングのような形をとることでよりよい心と頭の整理整頓が可能となることもあります。様々なマインドマップがありますので、是非困ったときは使用してみませんか?

この記事を書いたユーザー

Furou Break このユーザーの他の記事を見る

暮らしに役立つ記事を書くWebライターです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら