サイクロンクリーナー選びのポイント

私が使ってるサイクロンクリーナーは通常のスイッチのほかエコ掃除スイッチがあって、センサーが床面、掃除動作を検知し吸い込み力を自動で切り替えてくれます。

掃除途中ゴミ量に合わせじぶんで強弱のスイッチを切り替えるのが難しく、掃除機に任せるのが一番。

ゴミがない場所では弱モードで運転してくれますから、自動的にエコ掃除可能。電気代も節約に。

表面についてるカップ取り出しボタンを押すだけで、本体から出すとカップが少し浮、ちょっとの力で取れます。

ごみを捨てるときもボタン1つでカップの底蓋が秋便利。

昔所有していた掃除機も隙間ノズル立ついてましたが、意外に幅があって掃除したい隙間に入らないこともかなりありましたが。今のはノズルが2段階に伸び一番先はとても細く、本当に掃除したい場所も届き便利。

部屋の隅においても、ほかの家具の雰囲気から拭かない素敵なデザインが気に入っていて、毎日の掃除が楽になるようなデザインを選ぶことも大事です。

白髪の量や肌の色で・白髪染めのポイント

私は美容院から市販品の自宅から―間でとてもたくさんのカラーをしてきて、若くして白髪が増えた方のショックはとてもよく分かり、30代でもまだ若いので隠したくなるもの。

白髪が多い方、色白の人は明るい黄色、金よりの色がいいでしょう。色白であれば黒い色だと顔が白い分重たく見え、軽めの色が似合います。白髪の量が多い方は、白髪を目立たなくしてくれる明るい色がいいです。

顔が色黒、白髪が少ない方はそこまで明るすぎない色がいいです。落ち着いたブラウンなど。色黒の方は色白の方に比べどうしても明るい色は似合わず、金など明るすぎるものは避けておきます。

白髪の量が少ない方は白髪を目立たなくしてくれますから、暗めの色が。明るい色で染めれば白髪部分がとても明るく染まり、地毛の部分は暗めですから白髪が目立ちます。

顔が黄色、中間色の方は明るい菌より色が落ち着いた黒まで何でもいいです。

美容院で染めても市販品を利用しても髪は傷むもの。それを避けたければ自然由来の昆布など使われているものがいいでしょう。私はこのタイプで今まで傷みが気にならないです。

カラーを続ければ傷むこともあり、なるべく週に数回トリートメント剤でケアを。

私は美容院、自宅、気分に合わせ使い分け楽しみから―してます。今節約で自宅カラーする方も多いですが、時々美容院に行きカラーしてもらうのも楽でき、気分転換に。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら