竹富島へは、石垣島からフェリーに乗って日帰りで行けました。
乗り物酔いがひどいほうなのですが、素敵なものを見たい気持ちや楽しい気持ちが勝つと、酔い止め飲めば無事に旅行できます!

出典筆者撮影

竹富島は人口300人ほどの島で、昔ながらの石垣と赤レンガとシーサーの屋根のお家が並んでいました。
島全体で景観を保存していて、新しいお家を建てる場合でも同じ建築基準で建てないといけないそうです。

【2015.12.17追加】なごみの塔という島を展望できる場所もありました。

出典筆者撮影

水牛車に乗れます!

出典筆者撮影

これに乗って島中を観光できます。
レンタサイクルもあって、私たちは晴れていたのでレンタサイクルで島を周りました。

出典筆者撮影

竹富島のネコたち。
のんびりしていて、近づいても逃げませんでした。
仲良しで、親子のようでした。

出典筆者撮影

海がとても静かで、人がいなくなると完全に無音になりました。
日本で無音の場所ってあんまりないですよね。貴重な経験でした。

この記事を書いたユーザー

naonao このユーザーの他の記事を見る

アメーバマイスターのブロガーです。
ライターは初心者です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • マネー
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • キャリア
  • 音楽
  • 社会問題
  • インターネット
  • 暮らし
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら