記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
赤ちゃんのオムツ替えは慣れるまでちょっと大変な作業です。特に生まれたばかりのころは尿の回数も多く、寝たり起きたりしている赤ちゃんのオムツをいつ替えたらいいのかはたくさんのお母さんが悩まれるのではないでしょうか。

今回はそんな赤ちゃんのオムツの替え時について、医師に解説していただきました!

オムツはすぐに取り替えるべき?

Licensed by gettyimages ®

新生児期のオムツの消費スピードは本当に早く、1パックが1週間程度しか持ちません。しかし、昔の母親世代の中には「一回くらいのおしっこでオムツを替えるのはもったいない」という人がいたり、「頻繁に替えすぎると過敏な子に育つ」という人までいます。あまり取り替えないでオムツかぶれも心配ですが、どちらが正しいのか新米ママは悩んでしまいますよね。

結論からいうと、一回でも赤ちゃんがおしっこをしたら、どんなに少量でも気づいた時にすぐ、オムツは取り替えるべきです。

すぐに取り替えないとオムツかぶれの原因になる!

Licensed by gettyimages ®

確かに、最近の紙オムツは非常に吸水性のよい素材でできていて、赤ちゃんの少量のおしっこでは表面はさらっとしていることも多いのですが、やはり一回分の尿を吸収していると蒸れや雑菌が繁殖しやすく、かぶれも起こしやすくなります。

赤ちゃんの肌はバリア機能が弱く、一旦かぶれを起こしてしまうと、なかなか治りにくいことが多いですし、もちろんお尻をサラサラにしておくことで、過敏な子供に育つということもありません。少しのおしっこでも気づいたらすぐ、オムツを替えてあげましょう。寝ている場合は、泣いたらチェックして濡れていたら替える、ということでよいと思います。

オムツのサイズは合ってる?横漏れ防止ギャザーも忘れずに!

Licensed by gettyimages ®

オムツを履かせる前の段階でまず気をつけたいのがサイズ選び。体重や月齢によってサイズが決まっていますが、赤ちゃんの体型は個人差があります。

また、サイズはメーカーによっても基準が異なりあくまで目安ですので、必ず身体に合っているかチェックしたうえで購入、使用しましょう。サイズの合ったものを購入したら、まず、お尻をきれいにしたうえでオムツを履かせます。テープ式のオムツの場合はきつく締めすぎて痕がつかないように注意しましょう。多くの商品についている赤ちゃんの股に沿った横漏れ予防のギャザーの部分を立てることを忘れることが多いので、これも注意が必要ですね。

≪育児のお疲れ、たまっていませんか?≫
やる気が出ない…それ、疲労のサインです【疲労蓄積度】チェック

医師からのアドバイス

オムツをしている間はお母さんも、とても大変な時期ですが、非常にかわいらしく成長著しい時期でもありますよね。赤ちゃんの日々の成長を楽しみつつ、大らかな気持ちで子育てをして行けたらいいですね。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス