じっくり考えて。液晶テレビの選び方

液晶テレビはいろいろメーカーや機種があって、どれを選べばいいかわからない方も多いでしょう。

メーカーはアクオスで5万円。購入時期2012年で32インチ


液晶を選ぶときなるべく省エネ対応と書いてあるのがいいです。これは環境に配慮した以外に、電気代節約になるから。

私のものは待機消費電力0.1Wと使ってない時の電力消費をなるべく抑えてくれる設計。


通常のテレビと比べ電気代を限りなく低く抑えられます。

0.1Wはほとんど電気代がかからなくて、1か月の電気代に換算すれば約1円。

台座が回転できる液晶にしてください。

これは正面しか向かないものは、部屋に配置したときすこし右に向いてくれれば見やすいといった細かい不満がなくなるから。

私のは左右40度回転できます。

快適に見れる機能がついてるものがいいです。私のものは音量が急な上昇をコントロールする機能があって、CMで音量が急に上がらないためうっとおしさが抑えられます。

お休みタイマー機能、一度に9チャンネル表示できる番組表など機能が備わっていて、寝る前にタイマーをつけていると自動で消してくれて、番組表はスクロールしなくて済みます。

選ぶときそうした機能に注目してください。




冷蔵庫のチルド室の収納と片付け

冷蔵庫のチルド室は温度約0~3度に保たれていて、チルド室の収納や片付け法を紹介。


肉や魚介類、乳製品、ハム、かまぼこなど加工食品や納豆など傷みやすいもの、発酵が進みやすいのをチルド室に入れてください。


卵、マーガリン、炭酸飲料水入れないでください。冷凍庫で保存できないのは避けましょう。

私は冷凍した肉を解凍するとき、傷まないようにチルド室に入れたことがあり、なかなか解凍できなくて困ったことがあります。

チルド室に野菜、果物を買ったときはいってるプラスチックケースを入れていて、スペースを区切るのに利用でき、汚れれば取り換えられるので便利。

少量ならタッパーを活用。中に入っているもの、いれた日付をマスキングテープに書き貼り付け。

そして、タッパーを使えば上に積み重ね収納でき綺麗に収納できます。

私は冷蔵庫の中に入ってるのをなるべく1週間使い切るようにし、そこでチルド室は食べきりたいのはプラスチックケースの中に入れてください。そうすれば何が残っているかすぐにわかり、冷蔵庫に詰め込み過ぎないこと、献立をあるもので作ろうと考えますから節約に。

ケースの中でないほかのものも、1つずつパッと見渡せるよう並べ入れておけば、どこに何があるか一目でわかり、賞味期限が見やすいよう、表示を前に向けるのもいいです。

温度設定が低くしてあるチルド室はドアを開けてる時間が長くなれば、室内温度が上がり、そのためにあけたままにしないでください。

何が入っているかしっかり整理し把握できれば、探す時間も減って、ドアを開ける時間も短縮。

チルド室のなかをきれいに保つには、定期的な掃除が必要。清潔な布巾を利用して拭き掃除すれば気分良く使えることでしょう。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス