照明電気料金を調べ節電するには

どんな方でも水道は極端に出しっぱなしはしないでしょう。それに対して電気はつけっぱなし可能といった点で浪費しやすいもの。私たちは節電に向け何をすればいいでしょうか?

リビングの電気を1日何時間つけているかや、風呂は家族合わせ1日何分入るか、キッチンで料理するときは?など項目を書きます。

電球をよく見ると消費電力が書いてあり、これを書き出します。

私の実際の電気料金で計算すると、リビングの電気は24ワット、12月は日が短く、朝1時間、夜5時間合計6時間使ってます。

0.018円は月に120kWhまで使用によるときで、120kWhを超えて、300kWhまで0.023円になります。

24wの電球を1時間使えば、24×0.018=0.432円で、これが6時間となれば、0.432×6=2.592で1か月あたり2.592×30=77.76で、私の1か月のリビング電気代は77.76円。

早寝早起き、家族で同じ部屋に集まることにより全体的な点灯時間を減らせます。

つかっている電球が白熱急なら、蛍光灯型ランプ、LED電球に切り替えてみれば、1/5以下の電気量に抑えられます。点灯時間が長いリビングにぴったり。

蛍光灯型ランプ、LED電球は価格が2千円前後し、初期投資が大きくてといれなど極端に点灯が短いのは、無理して交換することはありません。

私リビングのテレビ電気代は1時間3.186円でリビング1日の照明電気代2.592円で、照明を頑張って節約してもテレビを見る時間が増えると努力が無駄となります。

全体のバランスを踏まえ節電すればいいです。


ガスファンを選ぶときのポイント

私の住んでる地方は雪が多くて、朝の冷え込みが厳しく石油ファンヒーターを使っていましたが、雪の中灯油を買いにくく大変で、ガスファンヒーターに変えました。

部屋の温度がかなり低くなって、火力が強くないと部屋が温まりません。私の部屋は8畳で、10~12畳用の少し広いガスファンヒーターを導入することで、かなりあたたかくなります。

そして、電源を入れて30秒足らずで暖かな空気が出てきて、寒さから早く逃れられます。

使っているヒーターは上部パネルは電源、タイマー2種類と温度調節、チャイルドロックボタンしかなくて、操作がわかりやすい。

朝冷え込みが厳しく朝起きて言々を入れるのはつらいこと。おはようタイマーがついていると起きる30分前に設定をして、暖かな朝を迎えられます。

そして、基本的寝る前は電源を切りますが、余りに温度が下がり眠れないようなときお休みタイマーを使って自動的に電源を切れるようにします。

石油ファンに比べガスファンは月々ランニングコストは低いですが、機器の価格は高く、リサイクルショップでは型番が古いのならかなり安く手に入れられおすすめ。

ガスファンは都市ガス用、プロパン用があります。

プロパンのときは、ランニングコストは都市ガスより高く、家のガス供給が都市ガスかプロパンか確認が大事。

ガスファンはパワーがある分、フィルターが汚れるのが早く、フィルターが汚れてくれば空気が悪くて、暖房効率が悪くなり、フィルター汚れのお知らせランプが光る前定期的に掃除がいいでしょう。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら