子どものいじめを親が知らない実態

いじめを苦に自らこの世を去る子どもがいます。
その多くは、親がいじめられている事実を知らなかったと言います。

思春期の頃は、親ともろくに口をきかない人もいます。
けれど、普段とどこか違うはずです。

靴がいつもより汚れていたり。
通学カバンがボロボロになっていたり。
登校する時に元気がなかったり。

いじめられている子どもからすると、親にいじめられていることを打ち明けると親が悲しむからという理由があるのでしょう。
しかし、我が子にこの世を去られる方がずっと親は悲しみます。

電話相談の「いのちの電話」がつながりません!!

全国の相談窓口として有名な「いのちの電話」がつながらないとネットで話題になっています。
もう生きることが苦しみでいっぱいで、この世を自ら去ろうとしたその時に、いのちの電話にかけたら・・・。
つながらなかったら、その人は逝ってしまいます。

最低限、つながらない状態を脱する必要があります。
電話をかける人は、一刻も早く苦しみから解放されたい人ばかりです。

しかし、つながらないほど、たくさん悩みを持って電話している人が多いことも事実。

いじめ相談窓口をもっと知ってもらう方法!!

実は、子ども向けの相談窓口はたくさん存在します。
しかし、あまり知られていないのが現状です。

昔、パートナーの男性からの暴力DVから逃れる策として、生理用品にDV相談窓口の電話番号か書いてあったことがありました。
生理用品を男性が見ることは、ほとんどありません。
女性が、トイレから携帯電話でひっそり相談できるアイデアとしてすごく良かったと思います。

だったら、子どもの読む絵本や小学生、中学生が読む少女まんが雑誌や少年まんが雑誌にそっと子ども向けの相談窓口の電話番号を載せることで、救われる命はあると思います。

子どもは、きっと相談窓口の電話番号までだとり着けていません。

いじめ相談アプリを開発してほしい!!

今、小学生から高校生ぐらいまでの子は携帯電話を持っている確率が高いです。
そこで、いじめ相談アプリがあれば、今の子は確実にいじめ相談窓口にたどり着けます。

相談相手は、心理カウンセラーなどの専門家で、相談への返信は24時間以内。
匿名で誰にも見られずに、相談相手とアプリを通じて相談できる。

もちろん、無料のアプリです。
ここで1つこのアプリの特徴を。

子どもの持っている携帯の名義は親です。
そこで、このアプリをインストールした時点で、名義人の親の携帯にメールが送信されるシステムを導入したらどうかと思います。

我が子が、いじめ相談アプリをインストールした事実を知れば、親も子どもが心痛めているいじめを一緒に解決できます。
子どもが自分で言えないなら、アプリで知らせるシステムです。

しかし、この事実を知れば子どもはインストールしなくなってしまうことが予想されます。
こんなにいじめで、この世を去る子がたくさんいるのだから、いじめ相談アプリぐらいあってもいいと感じます。

いじめられている子に言いたい!!

いじめられている子に言いたい。
「いじめの事実を知ったら親は悲しむと思っているだろうけど、あなたがこの世から去ることの方が、よっほど親は悲しみ一生悔やみながら生きていくんだよ」

どうか、1人でいじめを抱え込んでこの世を去るなんてやめてほしい。
いじめられていると親に告げるのは、悪いことじゃない。
自分の命を守る自己防衛だよ。
この世を去ったら戻ってこれません。

いじめが苦しいからと、お父さんやお母さんを置いて逝ってはいけません。
誰かに相談すれば、解決へと向かいます。
どうか希望を捨てないで欲しいです。

明芽メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0001669191.html

この記事を書いたユーザー

明芽 このユーザーの他の記事を見る

ライターとしてセキセイインコと同居するインドア派!
ハンドメイド作品をチェックし購入することが大好きです!
1人でも多くの人に知ってほしいことを発信していきます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス