■世界が注目するオルタナティブ教育

みなさんは、“オルタナティブ教育”という言葉を聞いたことがあるでしょうか。よく言われるのはシュタイナー教育やモンテッソーリ教育などに代表されるもので、直訳すると、“もう一つの教育”とでもいうものでしょうか。

ウィキペディアによると『「非伝統的な教育」や「教育選択肢」とも言い、主流または伝統とは異なる教授・学習方法を意味する。』と書かれています。日本でも認可に向けて動き出したというフリースクールや不登校児のサポート校なども含むようです。

つまり現在、一般的に行なわれている、いわゆる一斉授業(だけではないが)とは違ったカタチの教育形態のことを言います。

世界では今、幼児教育に注目が集まっていますが、その中でも、この「遊び」に注目されており、それが、このオルタナティブ教育が注目されている理由でもあります。

というのは、卒業生の活躍が話題になっているのです。オバマ大統領、グーグル創立者のラリー・ページとセルゲイ・ブリン、アマゾン創業者のジェフ・ベソス、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグや、あのビル・ゲイツ、さらにはウィリアム王子とヘンリー王子なども、オルタナティブ教育を受けてきたようで、そうそうたる顔ぶれが並んでいます。

雑誌『クーヨン』の2015年3月号によるとオルタナティブ教育の共通する大きな特徴は

<いずれも子ども時代を特別な時期と捉え、とくに「あそびの時間」を尊重しているという点では共通している>

出典 http://www.amazon.co.jp

と書かれています。

またご存知の方も多いと思いますが、

<「世界でいちばん自由な学校」と呼ばれているイギリスのサマーヒル校では、抑圧から子どもを解放することを重視し、誰からも「評価」を受けることのないあそびの時間を尊重しています。>

出典 http://www.amazon.co.jp

と書かれています。

■オルタナティブ教育は問題解決力やコミュニケーション力に優れている?

では一体、なぜこうしたオルタナティブ教育が注目されているのでしょうか。

先のクーヨンにはこう書かれています。

<近年とくに問題解決力やコミュニケーション力の必要性が叫ばれていますが、その根っこの部分を育むのは、やはり想像力や好奇心が養われる幼児期のあそびの時間ではないでしょうか。>

出典 http://www.amazon.co.jp

また多くの教育者や、社会人として成功をおさめている人に取材や話を聞くと、みな一様に、子どもの頃の「遊びの大切さ」を説かれます。

個人的に天才だと思っている元電通で、東京芸術大学大学院映像研究科教授、慶應義塾大学環境情報学部特別招聘教授の佐藤雅彦さん。

佐藤さんは、古くは「バザールでござーる」、「だんご三兄弟」、最近だと「ピタゴラスイッチ」などを作られていますが、その佐藤さんが2013年に紫綬褒章を受賞された際の、貴重なインタビューがYou Tubeにあります。

出典 YouTube

この中で(17分28秒〜)佐藤さんは、子どものころに「夢中になって遊ぶこと」や何かに「熱中すること」の大切さを語っています。

これがまさに端的に、とくにこれからの時代を生き抜くために「遊ぶことの」の大切さを表しているのではないかと思っています。

いま、北欧やアジアの国々、もちろんアメリカなどでも、次々に教育改革が起こっています。オルタナティブ教育は、その一つにすぎませんが、(まして、いまに始まったことではない)世界中でものすごいスピードで教育改革が行われれいるということは知っておいたほうが良さそうです。

そして、「遊び」が最も注目されているようです。

詳細は転載元である「おとなになったらよんでほしい」をご参照ください。

この記事を書いたユーザー

吉田和充 このユーザーの他の記事を見る

吉田和充/東京都出身

クリエイティブコンサルタント/クリエイティブコネクター

得意分野は、食や農、遊び、学び、育ち、子どもといった「人の真ん中」に携わる部分。

経営戦略、広報広告戦略の立案、プロデュースや、商品、新規事業開発、海外進出プロデュースなどの企業や店舗、個人の課題解決をしています。

海外のいろんなところに住んで、世界中で仕事をしたい、という中2的妄想を持つ40代クリエイター。

2015年保育士免許取得(←予定!)
2014年次男誕生に際して1年間の育児休暇を取得。
男子2児の父。

権利侵害申告はこちら