生え際、気になり始めてない?

だんだんと薄くなっていく頭髪。少しでも残っていてほしいのに、期待を裏切るかのようにハラハラと落ちていく。なんだか泣けてくる話です。抜け毛問題に取り組むためには、まず原因を知る必要があります。原因を知った上で、対策について考えましょう。

薄くなってきたと、他人からもわかってしまう生え際。自分でもよくわかる部分なだけに、鏡を見ることが憂鬱になってしまいます。

髪が薄くなる原因は、さまざまなものが考えられますが、生え際の後退の原因として真っ先に考えられるは、男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン(DHT)」の影響です。

出典 http://mens-skincare-univ.com

ジヒドロテストステロンが、毛乳頭細胞のレセプターに結びつくと、そこで髪の成長が止まります。成長を遂げる前のやわらかく短い状態で、髪が抜け落ちるようになるのです。

頭皮の血行不良かもしれません

髪の毛が育つためには、栄養が欠かせません。毛細血管を通じて、毛の末端まで栄養が届けられています。

頭皮が血行不良になると、髪の毛に栄養が届かなくなります。

そのため、髪が育つ前に抜けてしまうのです。

まずは生活を見直しましょう

タバコ・・・ニコチンが頭皮の血管を萎縮させています。

ストレス・・・自律神経の乱れが頭皮を血行不良の原因になっています。

ドロドロ血液・・・高血圧、高脂血症、糖尿病などが原因となり、血液の通りが悪くなります。

外側からの要因をシャットアウト

シャンプー・・・ゴシゴシ洗い、すすぎ残しはないですか?

紫外線・・・紫外線によるダメージが、抜け毛を作っています。

外的要因による抜け毛を予防するには、アミノ酸シャンプーなど、低刺激な洗浄剤のシャンプーや、グリチルリチン酸ジカリウムなどの抗炎症成分が配合された育毛剤・頭皮ケアエッセンスを使用して、日頃から頭皮環境を整えることが大切です。

出典 http://mens-skincare-univ.com

この他にも、カラーリング、髪を引っ張るヘアースタイルが抜け毛を誘っています。

まとめ

抜け毛をくいとめるためにも、生活習慣の見直しは必要です。手遅れになる前に、対策を立てて実行しましょう。メンズスキンケア大学のサイトでは、もっと詳しい抜け毛に関する情報が掲載されています。ぜひ、御覧ください。

抜け毛になる内的要因について、詳しく紹介されています。

この記事を書いたユーザー

メンズスキンケア大学 このユーザーの他の記事を見る

男性のあらゆる肌悩みを解消するべく、肌トラブルに対する正しい対処法、改善方法などを医師や専門家の協力のもと信頼・安心できる情報をお届けします。

得意ジャンル
  • マネー
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら