若いのに、薄い・・・かも?

まだ若いのに、頭髪が寂しい人がいます。自分だけは大丈夫だと思っていたのに、鏡を見ると、なんだか薄くなってきた気がします。そこで、若いのに毛が抜けていくという、この不思議な現象について、考えていきましょう。

一般的に、抜け毛は中年以降に起こるものというイメージがありますが、若い頃から起こるケースも少なくありません。最近では20代前半から抜け毛が進行する人も少なくないといわれますし、まれに10代で始まる人もいます。

出典 http://mens-skincare-univ.com

若いのに毛が抜けてしまう原因は、6種類あるといわれています。細かく見ていきましょう。

遺伝によるもの

日本人男性にもっとも多い、薄毛のタイプがAGA(男性性脱毛症)によるものです。AGAは、遺伝によるものとされています。ですが、実際には遺伝よりも、体質を受け継いでしまうことが原因です。

男性ホルモン

AGAによる、薄毛にのみ関わる問題です。男性ホルモンの過剰分泌は、抜け毛と密接な関係があります。

栄養が足りない

バランスの良い食事を食べていますか? 偏った食生活が、抜け毛の元を作っています。

よく眠れない

毎晩、ぐっすりと眠れていますか? スマホやPCを寝る前に見ていると、体のリズムが乱れてしまいます。

毛髪を成長させる成長ホルモンは、入眠直後の3時間にもっとも多く分泌されるため、睡眠の質の低下は髪の発育に影響を及ぼすと考えられています。

出典 http://mens-skincare-univ.com

ストレス

ストレスは、自律神経のバランスに作用します。バランスが乱れると、髪に栄養が回らなくなってしまいます。

肝機能障害などの疾病によるもの

肝機能障害、糖尿病などが、抜け毛の原因になっていることがあります。特に、カロリー過多の食事や過度の飲酒により、若い人の増加が目立ちます。

まとめ

簡単に抜け毛の原因について、紹介をしてきました。若い人のみではなく、年齢が高い人にもあてはまる、原因ではないでしょうか。メンズスキンケア大学のサイトでは、もっと詳しく若年性の薄毛について紹介しています。気になるあなたは、ぜひサイトをのぞいてみてください。

この記事を書いたユーザー

メンズスキンケア大学 このユーザーの他の記事を見る

男性のあらゆる肌悩みを解消するべく、肌トラブルに対する正しい対処法、改善方法などを医師や専門家の協力のもと信頼・安心できる情報をお届けします。

得意ジャンル
  • マネー
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス