エコを簡単にするには

夏がどんどん熱くなったり、温暖化、異常気象も目立ってます。。

子供のために綺麗な地球を残しておきたいもの。
寒い時期、つい部屋を暖かくしすぎたりします。

夏の冷房は熱中症対策でなかなか抑えられないですが、寒さ対策は暖房以外でも可能。

部屋の中をなるべく暖かい服を着たり、今薄くて保温効果が高い服も安く手に入れられますから、これを利用してみましょう。

リビングのみ温かくし、一つの部屋に家族が集まる時間を増やすなど。

ペットボトル紙などリサイクルできるのをリサイクルするのもいいですが、その前にゴミを減らしましょう。

いらないものを買わないようにしておくことが大事で、無料でもすぐ捨てるようなものはもらわないように。

無料でもらえすぐ捨ててしまうのは、お店でもらうビニール袋などがあります。


買い物に行くとき大きなバッグを持っていくといいです。スーパーなどに行くとき前にもらったビニール袋をとっておきもっていくといいです。

大きな袋を小さくたたみバッグの中、車の中に常に複数入れておくと忘れることもないでしょう。
ビニール袋を持っていれば、すぐゴミ袋が必要な時や、濡れた折り畳み傘をかばんに入れてみたいとき意外なとこで役立てられたりします。



給料前の1週間を乗り切れるレシピ

給料まであと一週間財布が寂しく、外食できない時に一週間節約レシピで乗り切ってください。


米にもやし、大根、キノコなど今ある野菜に昆布茶を入れ一緒に炊くと量が増えて満腹感が出ます。

ハムや肉も一緒に入れるといいでしょう。

袋麺は麺をゆでたら湯を捨てサラダ油を少し入れて軽く炒め付属スープの素を半分入れて焼きラーメンに。残りスープの素は野菜炒めの味付け、焼き飯の味付けに利用。

茹でたパスタに炒めたキノコやハムを混ぜて昆布茶で味付けしてみれば簡単においしいパスタが完成。

パスタの具は、ナス・ゴーや、キャベツ・大根の葉でもいいです。

食パンは冷凍保存可能で、特売のとき買いだめして冷凍保存しましょう。食べるとき凍ったバターをつけてオーブンで焼きます。

千切りにした野菜(ジャガイモ・玉ねぎ・人参・もやしどれか一品でも)をフライパンに敷いて、小麦粉に昆布茶、マヨネーズ、水を入れたのを流してお好み焼き風に。

ゴマや海苔があれば振りかければおいしく。

甘いのが食べたくなれば小麦粉、マヨネーズ、砂糖あるいはベーキングパウダーを入れてフライパンで焼きます。

できるものは冷凍保存がいいですが、一人暮らしであれば冷蔵庫も小さく沢山保存するのは難しいので、常温保存できる麺類、小麦粉、ソース、しょうゆ、マヨネーズを常備しておくといいです。そしておすすめは昆布茶、椎茸茶これ1つで料理の味付けで利用できます。

なるべく買い足さなくてもいいよう代用できるのがないか考えてください。卵の代わりにマヨネーズや肉の代わりに豆腐など。

野菜を買い足す時、安価なもやしやキノコ類・じゃがいもがいいでしょう。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら