「女々しくて」などで大人気のゴールデンボンバー。大人気の彼らには辛い下積み時代がありました。

結成から現在に至るまで

2004年にボーカル鬼龍院翔とギター喜矢武豊を中心に結成

出典 https://ja.wikipedia.org

その後、歌広場淳さんと樽美酒研二さんが加入。

2010年にメジャー7社からメジャーデビューのオファーを受けたが全て断っている

出典 https://ja.wikipedia.org

現在もインディーズで活動。

下積み時代

大人気のゴールデンボンバーですが、人気が出る前は大変な苦労をしていたのです。

当時の収入はゼロ、事務所にも入れなかったという鬼龍院は、田端駅から徒歩8分の場所にあるレンタルビデオ店でアルバイトをしていたという。

出典 http://news.livedoor.com

アルバイトで生計を立てていました。

あのGACKTもステージに立ったと言われる若手バンドの登竜門的ライブハウス「池袋サイバー」 などで音楽活動をしていたそうだが、当時は観客ゼロでステージ代の3万円がまるまる赤字になることもあったのだとか。

出典 http://news.livedoor.com

音楽活動するも観客が入らず、赤字状態。

それでも少しでも知名度を高めようと全国をマイカーで回り続けました。そんな状況でお金に余裕があるわけもなく、炊飯器と米だけ持ってまわっていたといいます。そんな貧乏さを察したのか、ファンが缶詰などを差し入れてくれることもあったようです。

出典 http://ticketcamp.net

サバ缶などを差し入れでもらい、炊飯器で炊いたご飯と一緒にホテルで食べていたそうです。

アルバイト生活、多くの出費、炊飯器を持って全国を回るなどといった辛い下積み時代があったのです。

将来への不安は拭えない

大活躍中のゴールデンボンバーですが、将来への不安は拭えないそうです。

売れっ子になった現在でも
将来への不安が拭えず、メンバー全員が貯蓄体質だという。

出典 http://achieve05.net

とても堅実ですね。

辛い苦労時代を乗り越え、曲の大ヒット、紅白出場など大活躍のゴールデンボンバー。これからも彼らの活躍から目が離せません。

この記事を書いたユーザー

Koo このユーザーの他の記事を見る

フリーのライターとしてさまざまなWebメディアの記事の執筆活動を行なっています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ
  • ファッション
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス