私は、自分が結婚・妊娠する前、こんな親子を
電車内で見かけました。
おそらく子どもは小学校4〜5年生です。

母「もう時間がないんだから、漢字は全部終わらせないと」

子ども「もう無理だよー!学校行って、学校の宿題もやって、塾の勉強もして」

        「寝る時間もないし遊ぶ時間もない!」

母「今が頑張りどきなんだから!学校の宿題はママがやるから!」

子ども「ずーっと勉強じゃん!」

母「いいから!」

このあと母親が子どもの手をひき、駅で降りて行きました。

結婚・妊娠を経験する前だったので、
私は子どもは遊ぶのが勉強みたいなもんだし、
そこまでしなくてもいいのにと思いました。
あの子は、泥だらけで遊ぶ楽しさや、いろんな昆虫を見つけたり、
いろんな植物に触れたり、そんな遊びの楽しさを知っているのだろうかと。

自分も育児をしてみて思ったこと

自分も結婚し、育児をしていると、
親の数だけ考え方と育児の方法があり、
子どもの数だけ個性もあると感じます。

自分とは異なった育児や教育方法でも、
子どものことを思ってなんだと思います。
もしかしたら、あの電車に乗っていた子どもは
お医者さんになっているかもしれません。

子どもの言葉だけを見ると、そんなの親のエゴだろうと思う方もいるかもしれませんが、
一概に否定はできないですよね。
みなさんはどう思いますか?

この記事を書いたユーザー

harehare このユーザーの他の記事を見る

初めまして。医療関係の仕事をしています。
お役に立てれば光栄です(^ ^)

得意ジャンル
  • 動物
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス