最近は奈良北高校の飛び降り事件が話題になっている生駒市です。


ただそんな生駒市で2007年6月に中学生が自殺したことは知っていますか?


どの中学かはこの記事では書きません。なぜなら調べもせずこの記事だけ読んでその中学を馬鹿にしたり、その中学出身の人を傷つけて欲しくないからです。だからこの記事を読んで、中学と中学出身者を誹謗中傷しないと決めた人だけ調べて下さい。

















自殺が起きたという証拠は、ネットで調べると間接的な証拠なら分かります。実際起きたということを調べるのは難しいです。


間接的な証拠はその中学校が6月に命の授業をしていることです。


そして新聞でも命の授業をしていると取り上げられこともあり、ネットでその中学校名と命の授業で調べると、たくさんの記事が見つかります。


そこからこの中学では6月が特別な月で、命の授業をしているってことが分かり、そのうえその中学校のホームページを調べると6月は「命の大切さを考える月間」となっています。

そもそも『生駒市 中学校 命の授業』で調べても、その中学校の記事ばかりヒットします。


この中学校は特に大きい中学校では無く、おまけにウィキペディアに取り上げられている有名な中学校ではありません。だからなかなかニュースにはならないのです。そこで市内他の中学校で命の授業をしたら、その中学校では無く他の中学校が取り上げられるはずです。ということは他の中学校では、命の授業をこの中学校ほどしていないらしいです。

そこで私はこの中学校で命の授業がなぜおこなわれているのかと考えると、やっぱり2007年の自殺事件が影響しているのじゃないかと思います。


生徒が実際に亡くなったから、命の授業を始めたと推測します。ただその事件が起きてすぐに命の授業は始まったわけでは無く、一年後や二年後はその人が亡くなった日らしき日が『命の日』として校内の月間予定表に書かれただけです。それ以後



その事件はあまり話題になっていないようで、ネットでその記事を探すのは難しいです。奈良北高校の事件はすぐに見つかったのとは対称的に分からず、おまけにこの事件に関連した命の授業は始まったはずなのに、命の授業が取り上げられた記事ではこの事件が取り上げられません。


私はこの2007年の事件を忘れないで欲しいと思います。


少なくとも「〇〇中学校は命の授業をしているだって、他の中学校よりも進んでいる」とか「先進的な取り組みをしているすばらしい中学校だ」とか思わないで下さい。


そんな価値無いです。生徒が自殺してその自殺から少し経って、自殺した当時に在籍していた生徒が全員卒業してから命の授業を始めたという、言い方は悪いですが少し卑怯な中学です。他の自殺事件で有名になった学校とは違って、その事実を隠して命の授業をしているということだけを全国に広めている中学です。

この記事を読んでいる皆さんだけでもいいので覚えて下さい。


2007年6月に中学生が自殺して、その中学がその影響で命の授業をしていることを。

この記事を書いたユーザー

江本翔 このユーザーの他の記事を見る

何でも知りたくて好奇心がいっぱいで、あらゆる情報のおかげで生きています。
情報がないと生きていけない、そんな感じです。
特にマイナーなことが好きです。小説や本が好きです。奈良が好きです。
まだまだ未熟ですが、よろしくお願いします。

プロフィール画像は[http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=59552198]の画像を使用しています。ありがとうございます。

得意ジャンル
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • 暮らし
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら