頭髪は年とともに変化します

年齢を重ねるごとに、髪が薄くなっていく気がします。年のせいだからと片付けられてしまいがちな問題です。薄毛になるのには、男性ホルモンの影響もあるといわれています。そこで、加齢による薄毛問題について紹介していきます。

男性の頭髪のピークは、20代といわれています。そこから、老化が始まります。だんだんに髪が薄くなっていく現象は、誰にでも起こることです。

ですが、生活習慣を見直すことで薄毛の進行をくいとめることができます。髪にもアンチエイジング対策を考えてあげましょう。

薄毛も年齢によって種類が違うって知ってた?

30代以下「若年性脱毛症」・・・遺伝によるものが大きいとされています。

40代以上「壮年性脱毛症」・・・男性ホルモンの影響をうけています。

60代以上「老人性脱毛症」・・・老化現象です。

男性ホルモンが薄毛を作る?

男性ホルモンの「テストロテン」が、「5αリダクターゼ」という酵素の働きにより、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という物質に変化するため、薄毛の原因になります。

男性が悩む薄毛の多くは、このようなメカニズムによる「男性型脱毛症(AGA)」といわれるもので、思春期以降に急激に増える男性ホルモンの影響によって引き起こされるといわれています。

出典 http://mens-skincare-univ.com

男性ホルモンが原因で薄毛になった場合、薬剤の服用、植毛、外用薬の塗布、などが、一般的な対処法です。

いかがでしたか? 年齢と薄毛には、密接な関係があります。少しでも頭髪のことを考えてあげるなら、アンチエイジングから始めてみましょう。メンズスキンケア大学では、今回紹介した記事よりも、もっと詳しい情報が掲載されています。ぜひ、サイトをのぞいてみてください。

年齢別の薄毛について、もっと詳しく、わかりやすい紹介がされています。

男性ホルモンと薄毛の関係について、もっと知りたい! そんなあなたには、以下の記事がオススメです。

この記事を書いたユーザー

メンズスキンケア大学 このユーザーの他の記事を見る

男性のあらゆる肌悩みを解消するべく、肌トラブルに対する正しい対処法、改善方法などを医師や専門家の協力のもと信頼・安心できる情報をお届けします。

得意ジャンル
  • マネー
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら