以前、こんなことがありました

通勤途中の会社員(女性)と子連れの母親との、電車内でのやり取りです。

『子どもがうるさいので降りてくれませんか。みんなこれから働くんですよ』と親子連れに意見したOLに遭遇。

出典 http://komachi.yomiuri.co.jp

これだけでは、情報が少なすぎてよくわかりませんが、まわりの人が迷惑するほど、子どもがうるさかったことは、そのとおりかもしれません。

「みんなこれから働くんですよ」と余計なひと言をつけていることから考えると、「私が迷惑しているみんなの代弁をしている」という感情的な気持ちが伝わってきます。

泣きそうな顔で子どもを連れて降りたお母さんに勝ち誇った顔をしたOLに嫌悪感。

出典 http://komachi.yomiuri.co.jp

いたたまれなくなったのか、子連れの母親は、電車を降りたそうです。

公共の場で子どもが騒ぐことがあります

電車に限らず、公共の場で子どもが騒ぐことがあります。

公共の場において、子供達が騒いでいる光景はよく見かけますよね。

出典 http://mon-ey.jp

スーパーなどであれば、「うるさい」と感じる人は、そばを離れたり、退店するなどして、ある程度自ら避けることができますが…

店内中に響きわたるぐらいのものすごい絶叫です。隣の席だった為、耳をつんざくぐらいの絶叫で思わず耳をふさぎました

出典 http://komachi.yomiuri.co.jp

レストランや演奏会、映画館などでは困ります。その場にいる人たちは、その時間をお金を出して買っている場合がほとんどですので、そんな時は(子供が騒いだことにより)「台無しにされた」と思うかもしれません。

人の感情としては、ある意味、やむを得ないことだと思います。

やってはいけないことがあります

子どもが騒いだとき、(親として)やってはいけないことがあります。

・スルーすること

多くの人は、子どもが騒ぐのは仕方のないことだと考えています。腹を立てるのは、その時の親の対応に対してです。子どもが騒いだとき、まわりの人は当然、親に対して「子どもを静かにさせること」を期待します。それが親の責任だと思っているからです。

その期待を裏切って、スルーすると、「なぜ注意しないのか?」、「なぜ静かにさせようとしないのか?」という疑問とともに、怒りの感情がこみ上げてきます。「なぜこんなところに子供を連れてくるのか?」と思う人もいると思います。

子どもが騒いでいるのに、スマホをいじったり、おしゃべりに夢中になったりすることはやめましょう。親の責任を放棄するような、「スルー」はやめてください。

・「○○さんに怒られるから」と注意すること

つい、口に出てしまうフレーズですが…

そんなに騒いだら、こわいおじさんに怒鳴られるよ!

出典 http://itmama.jp

この言い方は、NGですね。

誰かに叱られるから、静かにしなければいけないわけではありません

出典 http://itmama.jp

そもそもを考えると、誰かに怒られるから、静かにするということではありません。まわりの人が迷惑をするから、マナー違反だから、静かにするべきなのです。

そう言い聞かせてもわからないから、わかりやすい形で「○○さんに怒られるから」と言うのであれば、コミュニケーションの方法として、安易な道を選んでいるとしか言いようがありません。

また、○○さんが近くにいたら、気分を害することでしょう。

行動で教えましょう

まずは、道理を説きましょう。

「うるさくしたら、みんなの迷惑になるでしょ」と説明しましょう。

出典 http://itmama.jp

どんな迷惑になるのか、具体的に説明できれば、その方がいいと思います。たとえば、「あなたが騒ぐことで、(体調の悪い人は)気分が悪くなる」、「あなたが騒げば、気持ちよく眠っていた赤ちゃんが起きてしまう。あなたも寝ている時、無理に起こされたら嫌でしょう?」と説明します。

・電車から降ります

それでも聞く耳を持たないようであれば、電車から降ります。

その時は、「あなたがうるさくしたから、電車から降りたのよ」と、原因と結果が子どもにもわかる形で説明します。そして、子どもが「今度は静かにする」と約束したら、また、電車に乗ります。

これが、行動で教えるということです。言葉で教えてわからなければ、行動で教えればいいのです。子どもが態度を改めて静かにできたら、ほめることも忘れないようにしてください。良い行動をほめれば、それが習慣になりますよ。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら