無理しないで貯金するには

貯金はなれない方には苦難です。
ですが、まったく貯金をしないのは不安でしょう。


無理は禁物。定期預金ではなく、小さい貯金箱を買い貯金する習慣を身に着けてください。割らないと絶対にあけられない貯金箱がいいでしょう。

私もはっきり言うと貯金が苦手。ですから、小さい貯金箱から始めすこしずつ無理しないようにすれば続きます。


私の夫は、短髪で、2週に1回は散髪に行くのですが、私が代わりにバリカンでやって、2週に1回かならず1500円貯金してます。

女性は、美容代を削るのは大変ですが、それならチョコを食べたいと思えば、買わないでチョコ台を貯金箱に入れれば貯金できダイエットになります。

使わないもの、いらないものはフリマや、オンラインオークションを利用し売ってください。そして売り上げも潔く貯金箱に。

これは大事ですが、外食、コンビニ食を避けるだけでも食費が大きく削減できます。

私とパートナーも以前ランチは絶対外食だったのですが、弁当にしてからは、節約をしっかりできてます。

弁当を作るのがたまに面倒だったりしますが、どうしても時間がないとき以外は極力外食を避けています。

また、食費で節約したお金はかなりの額になったりしますから、わざわざ貯金に入れないで、そのまま口座に起こし、それから飲み物もスーパーで買い置きし外出するとき持っていくと、そこで何十円か節約できます。

もちろん節約した分数十円でも貯金箱に。

最近WEBマガジンに登録するとセール情報、クーポンが送られて、そうしたものに登録するのは便利。私もお気に入りの店のマガジンを登録してます。

弁当で毎月5千円の節約

以前毎日500円の予算で昼ご飯を買ってましたが、コンビニ弁当、牛丼など限られた予算だといつも似たような内容になり、満足度は低かったです。

そして、節約していても、外で昼ご飯を買えば月1万以上かかり、少々もったいないと思って弁当生活を始めてます。

弁当生活をはじめ1か月ほどは、いくらぐらいの節約になるか知りたくて弁当作りにかかる額を毎日調べてましたが、平均約300円ということが判明。

太巻き弁当も、200円でできます。これで毎月約5千円は節約でき、1年間で6万と考えれば大きいです。

弁当は主食さえあれば何とかなり、おにぎりだけでも立派な弁当ですから、そう思えば長く続けられるでしょう。

ふりかけご飯にかってきたメンチカツ、漬物といったシンプルな物でも、華やかでないですが、立派に節約の役に立ってます。

自分のための弁当であれば納得すれば何でもいいです。

毎日弁当を作ると、揚げたての唐揚げが食べたいと思うこともあり、そうしたとき私はコンビニを活用していて、弁当箱に白米、野菜サラダを入れ、コンビニで唐揚げを買って昼ごはんにしてます。

コンビニのフライドチキン、唐揚げは作ってから多少時間がたってもアツアツ。出来立てのおかずのような感覚を楽しめ、お店で定職を注文するよりお金がかからないです。

弁当にミニラーメンをつけ豪華にしてみてもいいでしょう。


この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら