ソルト・コンソーシアム株式会社は西麻布1 丁目にブッチャーラボ併設の和牛専門焼き肉レストラン「The INNOCENT CARVERY WAGYU SPECIALITY LABO | RESTAURANT」をオープン致します。
店名は、素材に無垢な気持ちで純粋に向き合うという意味でイノセント、あまり馴染みのない カーベリーという言葉は、お肉の持ち味を損なわないように切り分けるレストランという意味に由来します。

その名の通り生産者の思いが溢れた特別で希少な和牛だけを取り揃えた“ブッチャー(肉屋)ラボ” が併設されたレストランです。お客様はブッチャーラボのセラーからその日の食欲や気分でお好みのお肉をセレクト。その場でカットされた新鮮なお肉を最高の焼き加減でお召し上がり頂くスタイルです。
イノセント カーベリーのお肉は単なる牛肉とは違います。ランクや産地はひとつの目安となりますが、ブランドだけに頼った選定ではなく、和牛を知り尽くした2人の匠たちの審美眼が随所に光ります。
ヨーロッパテイストのワンランク上の大人の落ち着いた空間にて日本が誇る和牛をご堪能ください。

報道関係者向け内覧会で食べてみた

記者は、オープン前に開催された報道関係者向け内覧会で、実際にこの焼き肉を食べてみた。
基本的にグルメ関係の記者ではないので素人。しかし、肉を見れば高級なのは一目でわかる。生肉でも美味そうなのだ。獣が獲物を見て美味しそうと思うのはこういうことなのだろうかと、不謹慎なことを考えてしまうほど美味そうだった。

「美味しい肉を安く提供したい」と語っていた岡田賢一郎シェフ。とはいうものの庶民には高いかもしれないが、かといって手が出ない値段でもなさそう。
特別な日にはいいかなと思える。

貧乏性な記者は焼肉といえば食べ放題!冷凍焼肉はよく焼かないとと思っていたのだが、さすがにこれは肉汁が出ている段階で食べる。

よく、口の中でとろけるという表現が使われるが、本当に溶けてなくなった。もったいない。もっとよく噛みたかった。食いごたえのある肉を求めるのは、いい肉を食べなれていないせいなのか、マグロの大トロを食べたときとまったく同じだ。

ミノは昆布締めという珍しいもの。さほど焼かなくても、いい歯ごたえとサクッとした触感で歯で切れてしまう。

ちなみに、内覧会で提供された焼肉にはタレは一切なかった。
下味と肉の味だけで楽しませてくれるお店はそうない。
焼肉というよりもステーキハウスとした方がいいのかもしれないが、よりカジュアルな焼肉というカテゴリーで神戸牛をはじめとするブランド牛を提供するのは特筆に値する。

記念日や特別な日に、大切な人と、「焼肉」という「ご馳走」を試してみてはいかがだろうか。

SHOP DATA
■名称:THE INNOCENT CARVERY WAGYU SPECIALITY LABO RESTAURANT
■住所:〒106-0031 東京都港区西麻布1-4-28 カルハ西麻布101 
■電話:03-5411-2911
■営業時間:17:00 ‒ 24:00
■定休日:不定休(2015 年12 月は無休)
■席数:55 席(予定)
■予算:8000 円(税サ別)
■URL:http://www.innocent-carvery.jp/

編集・取材・撮影記者 古川智規(フリーランスライター)
写真はすべて記者撮影
リリース本文提供 ソルト・コンソーシアムPR事務局

この記事を書いたユーザー

古川智規 このユーザーの他の記事を見る

フリーランスライターとして雑誌やWEB媒体に執筆しています。特にジャンルはなく、なんでも書くことを心情としています。

得意ジャンル
  • マネー
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 広告
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス