高校生の腰パンが公然わいせつ罪に!?

アメリカ テネシー州の高校で、ユニークというか一風変わった校則違反のニュースがありました。
男子高校生の腰パンが校則違反及び公然わいせつだとして刑務所行きの罰則を課せられたのです!ただの腰パンですよ?日本ならよく見かける光景ですよね。

今30代の人達が中学・高校時代が全盛期ですよね、腰パンファッション。下着のゴム部分が見える程度の腰パンならまだいいですが、それズボンはいてる意味あんの?ってくらい下げてはいてる人もいますよね。確かにだらしない…
どの程度さげているかにもよりますが、校則違反で刑務所はさすがにやり過ぎでは??

今回話題に上がったテネシー州の高校では、制服はきちっと着る!なんていう校則があるんですね。ダボダボに着てはいけないと。
そんな中、4人の男子高校生が制服のズボンを腰パンではき、何度も注意を受けていたそうな。幾度と忠告されているにも関わらず、居直り続けている彼らに課された罰則が刑務所生活だったというわけです。

しかも4人のうちどういった経緯があったのか、うち2人だけが刑務所に行かされたという。2人は週末の2日間、刑務所で拘束され過ごしたそうで、彼らの親がこの罰則は行き過ぎた行為だと非難しています。

高校生に、たかが腰パンで、週末だけと言えども刑務所に入れるなんてなんてこと!といった声もあれば、いい社会経験じゃないか!といった声まで。

みなさんはどう思いますか?

そもそも腰パンって、アメリカの囚人ファッションから来たものですよね。様々な諸説はあると思いますが、武器や自殺道具と成り得るベルトを与えられないことで、ズボンがズレ落ちた着こなしになったと聞いたことがあります。

同じようなファッションの人達にまじって生活をしても反省のしようがないのでは?と思うのですが…どうなんでしょうか。

公然わいせつとして告発までされた男子高校生ですが、弁護士によるとテネシー州の法律では腰パンは公然わいせつ罪にはあたらないと言っているそう。
さすが裁判大国アメリカ。高校生相手に学校側は告発するんですね。この男子高校生は今後、250ドル以上の罰金と裁判費用をどうやって調達するかを考えていく必要があると伝えられています。
1人は曾祖母と暮らしているそうなんですが、とてもじゃないけど簡単ではなさそうです。

週末の刑務所生活だけでもう十分なのでは?
これが日本だったら高校生罰せられまくりですね。国が違うとこんなにも違うんですね。

国民の非難を受けて、学校側が考え直してくれることを願いましょう。

この記事を書いたユーザー

A.Jism このユーザーの他の記事を見る

海外かぶれ✈︎のコテコテ大阪人ライターです。まだ日本では伝えられていないような海外ニュースを中心に、育児ネタ、雑学ネタを記事にしたいと思います。多くの人に感動を、そして様々な問題を考えるキッカケを与えていきたいと考えています。やんちゃな2児の育児に奮闘する傍ら、執筆活動を頑張っています★よろしくお願いします!

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス