格差社会が進行している日本。お給料が少なくてモノが買えない!!

そんなときはもう一度考えてみてください。買いたいモノは本当に必要なモノですか?「フランス人は10着しか服を持たない」などに代表されるように基本的にフランス人はお金を使わないで済ませようとします。

そこで今回はフランス人に学ぶお金に関する考え方を紹介します。

基本的にフランス人はお金を使わないで済ませようとする

出典 http://www.amazon.co.jp

日本人とフランス人では根本的にお金に関する考え方に違いがあるそうです。
それは日本の「欲しいものを買う」と、フランスの「必要な物を買う」という違いです。

フランス人にとってお金は、世の中に散在するモノを買うためにあるのではなく、自分たちが生きていくために必要なモノをだけを補充するためにある。

出典 http://iyasi-tokimeki.ddo.jp

1.モノの値段にとてもシビア

モノの値段に関して、日本人とフランス人では考え方が違います。フランスでは必要なモノ、価値のあるモノに対してはきっちりと払う。逆に価値の無いものは絶対に買わない。

フランス人は値段の高い・安いだけでなく、しっかりと自分の中の価値観にもとづいでお金を使います。

フランス人は、買い物にかなりシビアだそうです。
安くても価値のないものは、絶対に買わないスタンスとのことです。
逆に高くても、必要であれば迷わず購入するんですよね。

出典 http://www.luvkitten.com

フランス人は、モノの値段にとても敏感な人たちだ。値段への感心は、高価なモノに対してとは限らない。私たちはともすると、安いモノの値段には寛大になってしまいがちだ、彼らはちがう。金額の多寡に関係なく、本来あるべきモノの値段にシビアなのである。

出典 http://iyasi-tokimeki.ddo.jp

2.現金払いを心がける

イギリス人やアメリカ人などはカードを限度いっぱいまで使って、その瞬間が楽しければOKという考え方ですが、フランス人は現金主義で「お金を使った」という感覚を忘れないように心がけます。

クレジットカードに各種電子マネーと、最近は代金の支払い方法が多様化しています。
しかし、フランス人の皆様方は現金が一番!とお考えのようです。

出典 http://carotte-rend-aimable.blog.so-net.ne.jp

フランス人はそうは行きません。折からヨーロッパ全体に吹き荒れた経済危機に敏感で、自分達の財布の紐はガッチリと固く締めているのですから。

出典 http://money-academy.jp

3.モノを捨てない

モノを捨てないといっても、ゴミを捨てないわけではありません。最後まできちんと大切に使い切るということです。

フランス人は物が壊れたら、すぐに買い替えるのではなく、まずは修理しようと考える人が多いようです。

出典 http://www.madameriri.com

ひとつひとつのモノを修理ができなくなるまで大切に使おうと考えるようになれば、新しいものを買う時に「何年も長く使えるものか?」を基準に選択するようになります。こうしたフランス人の一連の消費行動が「お金のかからない生活」に繋がっています。

出典 http://www.madameriri.com

4.自分らしさが第一

フランス人はブランド物や流行のファッションよりも、自分が価値があると感じたものをとことん大切にして、自分らしさを重視して、自分に似合うものを探すことを楽しんでいます。

自分の年齢にあったアイテムしか身に付けない傾向があり、フランスの一流ブランドを持つなら、自分の魅力を高める努力が必要と考えているのだとか。

結果的に洋服にお金がかからないというわけです。

出典 http://letas.co

古くてもいい、安くてもいい、自分の気に入ったモノならそれでいい。世界中で私だけが持っている服だとしたら、それが一番ではないか。

出典 http://iyasi-tokimeki.ddo.jp

5.お金をかけずにホームパーティ

また友人と会う場合には外食よりもホームパーティが一般的だそうです。日本ではホームパーティというと、準備が大変でお金もかかるイメージですが、フランスでは家にある食材で簡単に済ませるのだとか。

それよりも大事なのは「友人と楽しい時間を過ごす」ということです。

フランスでは友人と会うときは「家に招く」という人が多いです。日本ではカフェや居酒屋で会うのが一般的ですが、フランスなどの欧米社会ではホームパーティーを開くのが一般的。

出典 http://www.madameriri.com

ホームパーティーと言ってもそんなにすごいことはなくお家にある食材で簡単に済ませるのです。大層な料理を用意する必要なんて無くチーズやサラミ、ソーセージを切っただけ、そんな程度で十分なのです。

出典 http://ameblo.jp

住宅購入が目的

Licensed by gettyimages ®

ここまでフランス人がしっかりとした節制・節約を行う目的としては「住宅購入」が多いようそうです。

フランス人の貯金の目的は、住宅購入が第一だそうです。
まあ住宅は、かなり高い買い物になりますからね。

目標を立てることで、貯金の意識を高めています。

出典 http://www.luvkitten.com

日本でも「断捨離」「ミニマリスト」などの考え方も浸透しつつあり、フランス人の考えに共感できるところや参考にできることがたくさんあります。

わたしたち日本人もフランス人を見習って「おしゃれな暮らしはお金がかかるもの」という固定概念に縛られることなく、節約しつつも毎日を楽しみましょう。

この記事を書いたユーザー

たつや このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • マネー
  • インターネット
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス