親子は使う言葉の種類がよく似ている

親子は使う言葉の種類が同じだそうです。

言葉の種類や価値観が親子でよく似ているなという印象を持つことがよくあります。

出典 http://toyokeizai.net

価値観もよく似ているそうです。

たとえば、親がポジティブであれば、子もポジティブ、逆に、親がネガティブであれば、子もネガティブということですね。

子どもが普段使っている言葉の種類は、親御さんが使っている言葉の種類と同じということがわかったのです。

出典 http://toyokeizai.net

考えてみれば、当たり前のような気がします。子供は親の影響を強く受けますので、親の使う言葉を真似したり、親の考え方に染まりやすくなります。

「子供は親の鏡」と言われるゆえんですね。

子供に言ってはいけない言葉があります

子供には絶対に言ってはいけない!という言葉があります。

子供に言ってはいけない禁句があります。「だめな子」です。

出典 https://happylifestyle.com

たとえば、「だめな子」です。

それは、子供の人格を否定するような言葉です。

「だめな子」では、子供の人格を否定してしまうことになります。

出典 https://happylifestyle.com

人格にネガティブなレッテルを貼ってはいけないのです。

子供には「だめな子」とだけは、言わないようにしましょう。

出典 https://happylifestyle.com

この種の言葉だけは、絶対に言ってはいけません。

勉強ができないと言ってはダメです

勉強ができない子供は、親から否定的な言葉を使われています。

否定的な言葉を言われ続けてきた子もいました。

出典 http://toyokeizai.net

勉強ができない子、と評価されると、本当にできない子になってしまいます。

親が子に放つ「バカだ」の繰り返しで本当に愚鈍となってしまう

出典 http://www.jgnn.net

こうなると、ただの中傷・腹いせですね。

多感な時期に強烈な刺激となって子どもの心に突き刺さっているということに、気づいていなかったようです。

出典 http://toyokeizai.net

子供は、親から直接言われなくても、親の態度で察することがあります。また、他の親との会話で、「うちの子は、勉強ができないから…」というと、それを子供が聞いていて、ショックを受けることがあります。

子供は聞いていないだろうと思っていても、しっかり聞いています。

ピグマリオン効果を理解しよう

ピグマリオン効果というものがあります。

人は他者に期待されるほど意欲が引き出されて、成績が向上する

出典 http://papimami.jp

子育て中の親御さんには、是非知っておいて欲しい効果です。

人は期待されれば伸びるし、期待されなければ伸びない…というものです。

期待と成果の相関関係について、「人は期待されたとおりの成果を出す傾向がある」という結論が導かれました。

出典 http://www.motivation-up.com

これは大人でも同じです。期待されれば、頑張ろうという気持ちになりますが、諦められていれば、適当でいいやという気持ちになりますよね。

「この子は勉強も運動もできない、才能がない」と思い込み期待せずにいれば、その通りになるのでしょう。

出典 http://papimami.jp

したがって、子供に対して「こりゃダメだ」と思っていると、子供の成績は伸びません。内心で「勉強ができない子だな」と思い、さらにその思いが言葉に出てしまうと、子供にとってはダブルパンチですね。

それでは、成績が伸びるはずがないのです。

母親が口うるさく子供の話を聞かないと…

そんなタイプの母親であれば、内向的で無気力な子供になるそうです。

無気力な子供が多い。

出典 http://learn1107.com

自分の意見を言っても無駄だし、やかましく言われるだけ…と考えます。

母親が口うるさく、子供の話を聞かず、会話を遮る家庭ほど、子供の意思表示が弱い。

出典 http://learn1107.com

子供は自ら口を閉ざしてしまいます。

したがって、子供の話は、しっかり聞く必要があります。

最後までしっかり聞いてあげて、質問をしてあげることを心がけないといけない。

出典 http://learn1107.com

相槌や質問を積極的にしましょう。さらに、表情豊かに聞けるといいと思います。

子供の話に興味を持って聞くことが大事です。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス