不倫 略奪愛、不倫、結婚をしている人を別れさせることは難しい…ですよね。
恋愛の悩みにぶち当たったとき、その悩みが解決しないと、時として彼女、不倫相手を
『別れさせたい、離婚させたい』
と思ってしまうことがあります。
不倫相手と別れないで彼と結婚するには別れさせるしかないといった感情が出てくるときもあります。

不倫 略奪方法について知る前に、離婚とは?

夫婦が法律上(戸籍上)成立している婚姻関係を、将来に向かって解消することをいいます。

厚生労働省が2015年1月1日に発表した『人口動態統計の年間推計』によれば、日本の離婚率は「1.77」です。これは人口1,000人当たりの離婚件数です。

■世界主要国の離婚率
第1位 ロシア 4.5
第2位 アメリカ 3.6
第3位 ドイツ 2.19
第4位 イギリス 2.05
第5位 フランス 1.97
第6位 日本 1.77
第7位 イタリア 0.91

出典 http://woman.mynavi.jp

世界で見てみると日本の離婚率は低く見えるが、日本の離婚率は上昇傾向にあります。

現在の日本では夫婦の離婚率が3分の1を超え、 バツイチという言葉が珍しくないものとなりました。

離婚の理由って?

・性格の不一致

・浮気

・DV、暴力をふるう

・精神的な暴力、モラハラ

・子供への愛情が感じられない

・相手の実家や親族との折り合いが悪い

・家庭をかえりみない

・生活費を渡さない

・浪費癖

・親との同居に応じてくれない    …etc

それぞれの夫婦によってぶつかる部分は違いますし、 夫や妻の性格によって離婚理由も様々に変化します。
つまり、その夫婦の特性によって一番離婚し易い問題が発生した時、 3分の1の離婚夫婦へと変貌して行くのです。

出典 http://rikon-ya.com

不倫 略奪愛を成功させて結婚するにはまず、その夫婦の離婚するであろう問題をまず知ることが大切となってきます。

不倫 略奪方法を知って彼と結婚する為の略奪愛 相手の状況を知る(1st方法)

不倫 略奪愛、というと聞こえは悪いし、自分がされたらと思うとなかなか気が重いという場合もあるのですが、恋愛としては実際にはよくあることです。

相手がいかに今の相手を好きであっても、それがただ単に今盛り上がってる場合もありますし、家族があっても別の人を好きになることは十分ありえます。

また、いかに今が盛り上がっていようと一瞬で今の相手との熱が冷めてしまうことも恋愛にはよくあることです。ですので相手に現在彼、彼女がいてもあなたのアプローチ次第によっては今のあなたに振り向かせることは十分可能です。

出典 http://xn--musw2pfns.net

今あなたの好きな人は別の相手を好きな場合その好きな人の状態にはざっとわけて二つのケースに分かれます。

【幸せで満たされてる場合】
相手の心は幸せで満たされています。
彼、彼女(今の)家庭、が最高のパートナーであると思っているケースです。入る余地がないと思われがちですが、この場合の進め方としてゆっくりと比較的時間をかけながら好きな人に対してアプローチしていくことで略奪愛が成功できる可能性は高まります。

【不満があるのに付き合ってる場合】
相手がろくでもない人間なのに付き合ってるケース、または相手になんらかの不満があるが情や家族という縛りでなかなか切れない関係である。ただし、だからといって自分の方がいいというアプローチをすると、逆に好きな人はその相手との距離を縮めてしまう場合があります。

出典 http://xn--musw2pfns.net

離婚というのは結婚以上に神経も体力も消耗する作業です。男性側としては外の女性を「都合のいい女」のままキープしておくほうがラクなのです。
それでも離婚というつらい選択を選び、前妻よりもあなたを選んでくれたということは、一度目の結婚よりも深く慎重に考え、あなたを幸せにしたいと思ったからでしょう。
不倫 略奪愛からいっしょになってくれる男性はある意味、初婚の男性よりもしっかりしていて信頼できるかもしれません。

出典 http://rennai-up.com

不倫相手の状況を知ってるか知らないかでは大きく変わります。

こんな悩みの方は離婚屋へ相談

●既婚者との恋愛(不倫)を経験してしまい、
 彼と一緒になるためには結果、離婚をさせるしかない
 という精神状態になった際、夫婦に対して略奪愛を考えるようになった

●彼持ち・彼女持ちの好きな人に対して、
 気持ちが大きくなりすぎた結果、
 彼、彼女(今の)と別れさせたいと思うようになり、
 略奪愛の方法を考えるようになった

●彼が今でも好き、
 彼(元彼)が結婚するという噂を聞き、
 そこに納得ができない状態にある・・。
 そんな中、結婚をやめさせたい と思うようになり、
 略奪愛・略奪婚を考えるようになった

今は3組に1組が離婚する時代です。
どんなに愛し合って結婚した男女であろうと、気持ちがキープするものではありません。そして、夫婦であろうと、夫婦であることにストレスを感じれば離婚を現実的に考えるようになります。
不倫相手へ結果、走っていってしまいます。

不倫相手と別れないで彼と結婚する為の略奪愛を成功させるために大切なことは、どの部分で繋がってる夫婦なのかを見極め、そこを断ち切ることです。

略奪愛について一人で悩まず、その道のプロに相談することが重要となってきます。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Amebaみんなの編集局に登録してSpotlightで記事を書こう!