冷凍すれば便利な食材

冷凍食材は必要な時にすぐ使え、長期保存できますから、便利。早く傷むのはなるべくうまく冷凍したいでしょう。

ミニトマトは、洗って水けを拭き取って袋に入れ冷凍庫に入れます。

弁当にそのまま入れて大丈夫。ランチのころに解凍されちょうどいい感じになります。

グラタンにそのまま入れてオーブン、トースターへ。

トマトスープも、もちろんそのまま入れていいです。
自然解凍でサラダに入れられます。
トマトは傷みが割と早く、冷凍できるのかとおもえば、新鮮なうちにといった脅迫官憲から解放されるでしょう。そして冷凍すれば甘みも増します。

納豆はパックごと冷凍庫。食べる前日冷凍庫に移していくと解凍できて、急ぎのときは電子レンジで解凍。

添付の辛子、しょうゆは取り除きましょう。

バジルはラップにくるむ、ポリ袋に入れ冷凍庫へ。ペットボトルの下部分を切りそれに入れれば形も崩れません。

冷凍するとリーフの形も崩れなくて、香りも、色もよいです。

トマトソース、パスタ、ドレッシングなど生で使うときと同じように利用しましょう。

シュレッドチーズは、バラ凍結になるよう、塊があればほぐし冷凍湖。

解凍しないで使え、何でもパラパラ乗せ、オーブン、スープ、鍋に入れ調理を。
食材を使い切りたくても、忙しく毎日料理する時間がない人もいるでしょう。食材により冷凍すれば風味など落ちてしまうこともありますが、腐らせるよりもましです。

石油ストーブのいい利用法

寒い時期ですが、温暖化が進むといっても、ここまで寒ければ暖房に頼ってしまいます。

ですが暖房は使い方を間違えれば危険。うまく使うと光熱費節約に。

石油ストーブは空気を汚しますから、2時間に1階窓を開け換気扇を。

そして点火後、そんな時間がたってなくても嫌なにおいがしてきたり、ぼーっとしてきたりすることがあれば、必ず換気を。一酸化炭素中毒を引き起こすことも。

石油ストーブは、やけどの可能性もあり、小さい子がいれば特に注意。

専用ガードを市販してますから、設置してください。子供が転倒したときに倒れないガードを選びましょう。

そしてこれをしておけばストーブの前に不注意で置いたものが燃え家事が起きるようなことも防げて、お子様がいない家でもなるべくガードを設置してください。

石油ストーブのメリットは空気を乾燥させないことで、上にやかんをのせると蒸発する上記により部屋を加湿できます。部屋を温めて、加湿する効果により部屋がぽかぽか。過失気が必要な器具に比べ、手入れも楽で光熱費が安い。

石油ストーブの上は夜間以外に鍋などいろいろ活用可能。

夜間で沸かした湯で、お茶、コーヒーを作る、シチュー、煮物など煮込みたい料理に活躍してくれます。

電気代、ガス代を気にしないで暖められに込めますから一石二鳥。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら