飲食店で副業するには

私は当時派遣社員で事務しごとしてましたが、給料に満足できなくて、副業をすることに。

地元求人情報誌から、自分い合ったバイトを探しました。

ウエイトレスのお仕事はお客様を席に案内し、注文を聞いて料理を出し会計するのが一般的ですが、他にも簡単な料理の準備、デザートを作ったり、キッチン手伝いも。

そして、閉店後テーブルの上の調味料を片付けて、ごみをまとめたり、体力も必要に。

時給1100円で、1日4時間週2回、ひと月の給料は3500円。月に1度銀行振り込みで。

本業とのコツは本業の負担にならない時間と曜日を選ぶことで、私は平日朝から夕方残業があるとき夜まで仕事していて、金曜、土曜の夜バイトしてました。

そして、場所は自分の住んでるところから近いところにするのが大事で、交通に時間がかかれば通うのが難しく、時間の節約のため近いところを選びましょう。

ウエイトレスの副業はお客様を接客しますから、人と接することが好きな人や本業の切り替えができる方がいいでしょう。

逆に人と接することが嫌だったり、本業が忙しく疲れているような方には向きません。

私は副業バイト先で新しい友人ができたり楽しいこともあって、仕事は遅い時間で大変でしたが、前向きな気分でしてみればつらくなく続けられます。

遠近法を活用しワンルームをお洒落に

一人暮らしの部屋はワンルームか1Kでしょうが、狭くても自分だけの空間を快適にするため、なるべく広く見せる方法を紹介。

テレビボード、チェスト、テーブル、デスクなど以外に一人暮らしでも家具は多くて、場所をとりますが、ポイントは家具の高さをそろえること。

すべての家具の高さをそろえるのは難しいので、部屋の入り口から順に背が低い家具から高い家具といった置き方をしましょう。

遠近法を利用して前のものを低く、遠くは高くすれば部屋に入った時の印象が違います。

ワンルームは部屋に置いてるものが目に入り、白いチェスト、スチールラック、木目テーブル、プラスチックの収納かごなどテイストがばらばらのものを混ぜてしまうと、統一感がなくて、おしゃれに見えません。

白は白、ポップはポップ、ウッディはウッディと全体の雰囲気やテーマを決めてください。

狭いワンルームはやはり収納に限界があり、私は注意しているのは1つ買ったら、1つ処分するといったことで、買い物すれば必要なものが何なのかを考えるようになって無駄なものを減らしていくことが節約になります。

アクセサリー、コレクションを飾ることにより、魅せる収納ができ、気に入っているものは、しまうよりも飾りたいもの。魅せる収納で注意したいのは何でも飾らないことで、いろいろなものが表に見えると、もはや片付いてないという状況になりますから、注意を。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス