当時ボキャブラ天国に出ていた爆笑問題やネプチューン!

昔「ボキャブラ天国」という若手お笑い芸人がたくさん出る番組がありました。
そこには、まだ売れる前の爆笑問題やネプチューンそして当時は、海砂利水魚今は、くりぃむしちゅーも出演していました。

中でも私が大好きだったのは松本ハウスでした。
奇妙な動きをハイテンションでかますハウス加賀谷さんと冷静に突っ込む松本キックさんのコンビです。

しかし、ボキャブラ天国の終了後、大人気だった松本ハウスは姿を消しました。

数十年以上経って知った松本ハウスの真実!

出典足成

そして、私は数十年ぶりに夕方のニュースで松本ハウス復活をしりました。
噂で、加賀谷さんが精神的に具合が悪くなり、キックさんは舞台役者になったとは聞いていました。

松本ハウスの2人の芸名の由来は、格闘技好きだったので松本キックとし、加賀谷さんが精神的な病気の方が入るグループホームにいたことから、ハウス加賀谷と名乗っていました。

加賀谷さんはやはり噂通りお笑い芸人を廃業していました。
そして、加賀谷さんがおっしゃるには、もっとも具合の悪い急性期の患者が入る精神科閉鎖病棟へ入院したと。
6畳ほどの鉄格子のある部屋に布団一式だけ。

しかも内側から開けるドアノブもなかった。
その部屋は監視カメラがついていて常に行動を監視されていた。

そして、1日2回もお尻に打つ注射。
「なぜ?」と尋ねても看護師さんは「お薬です」としか答えてくれない。
7か月の間、加賀谷さんは毎日をここで過ごすことをよぎなくされた。

ずっと部屋にひきこもる生活に・・・。

出典足成

退院しても加賀谷さんは、部屋にひきこもった。
おねしょも2年間続いたという。
自分の意思で止めることができなかった。
お風呂にも入らず、歯も磨かない。
髪もヒゲも伸び放題。
もう、生きる気力を失っていました。

それでも加賀谷さんは芸人を諦めていませんでした。
季節が変わるごとに相方の松本キックさんが電話をくれましたが、加賀谷さんはひたすら申し訳ない気持ちに支配されます。

松本キックさんはずっとずっと加賀谷さんの復活を待っていて2人は今、心の病のイベントなどで統合失調症について知ってもらう活動をしています。

ハウス加賀谷さんは統合失調症だった・・・。

ボキャブラ天国を夢中で見ていたあの頃、なんとハウス加賀谷さんはテレビに大忙しだったにも関わらず、統合失調症の病状に悩んでいたのです。

加賀谷さんは、当時処方された薬を自分で勝手に量を変えて飲んでいて、いつもそのせいで眠気が激しかったそうです。
そして、いつも自分の命を狙っているスナイパーの存在の幻覚が本物に見えて苦しみ続けていたのです。

そういった経緯で復活するにあたりこの本を出版したとニュースで放送していました。
私はすべてを知りたいと思いすぐにこの本を、購入しました。

加賀谷さんは学生時代に幻聴で「臭い」と聞いて、自分を責めて脇の下が臭いの原因だと信じ込み、脇の下を切り取る手術までしていました。
真面目で、繊細な心の持ち主だったから、些細な声が自分への非難の声に聞こえたのです。

そして、松本キックさんの方は忙しかった日々で加賀谷さんがおかしいのは疲れているからだと、1番そばにいながら気づけなかった自分を責めていました。

ボキャブラ天国に出演していた頃は江頭2:50さんでおなじみの大川興業に所属していましたが、今現在はサンミュージックに所属して心の病への理解を求める運動をしています。

特に統合失調症をネタにした漫才もテレビで見ましたが、笑いとともに考えさせられるものがありました。

残念ながら未だに心の病への偏見はかなりあります。
1人でも多くの人に、心の病は誰にでもなる可能性のある一般的なものだという真実を知って欲しいと思います。


明芽メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0001669191.html

この記事を書いたユーザー

明芽 このユーザーの他の記事を見る

ライターとしてセキセイインコと同居するインドア派!
ハンドメイド作品をチェックし購入することが大好きです!
1人でも多くの人に知ってほしいことを発信していきます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス