みなさんは、入院した経験はありますか。病気やけがなどの経験がない方にとっては、健康であることが当たり前と感じている方も多いでしょう。しかし、病気をすると健康がいかにありがたいことかを知ることが出来ます。世の中には、子供の頃から病気と闘っている子供もいることを忘れてはいけません。
入院したことがある私には、忘れられない出来事があります。それは、検査のために検査室に向かう途中に見かけた院内学級の子。看護師さんに付き添われ、院内学級から出てきた男の子が看護師さんに「いい、我慢しちゃだめだよ。我慢したら、死んでしまうんだからね。」といわれうなずいていたんです。この言葉、かなり衝撃的でした。こんな小さい子が我慢している。そして、こんな小さい時から死を身近に感じているなんて…。私が小学生の頃には、死は別世界のこと。自分が死ぬなんて、考えもしなかった。この出来事から、私は治療を積極的に受けるようになりました。「あんな小さい子が、頑張っているんだから、自分も頑張らなければ」と。
その後、この男の子を会うことはありませんでしたが、数十年経った今も「元気で、やっているかなぁ」と思い出します。そして、健康のありがたみを忘れてはいけないと、改めて感じます。

この記事を書いたユーザー

NaonN このユーザーの他の記事を見る

子供のころから書くことが大好き♪
色々なことを発信していきます。

得意ジャンル
  • 音楽
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス