発達障害の原因

発達障害の原因は、遺伝だと考えている人が多いようです。

生物学的要因、主として遺伝によると考えられています。

出典 http://health.goo.ne.jp

主に遺伝かもしれませんが、その他のリスク要因もあるようです。

先天的要因以外にも妊婦時の喫煙によってADHDの赤ちゃんが生まれる確立が上がりますし、脳への影響が大きいとされています。

出典 https://doctors-me.com

遺伝が100%ではない、ということのようです。

発達障害には遺伝が100%関与しているわけではなく,遺伝的リスク要因がなくても発達障害になり得る。

出典 http://toshi-sawaguchi.life.coocan.jp

遺伝的なリスク要因がなくても、発達障害になることがあるそうです。

授乳中の喫煙やアルコールも発達障害を起こす引き金となるのです。

出典 https://doctors-me.com

授乳期の喫煙やアルコール摂取も、リスク要因だそうです。

出産後のリスク要因もあることは強調してしかるべきだろう。

出典 http://toshi-sawaguchi.life.coocan.jp

出産後にも、リスク要因があるそうです。

発達障害は親の育て方と関係があるのか?

発達障害は、親の育て方とは無関係だそうです。

発達障害は親の育て方によって生じるものではない

出典 http://u-kaz.jugem.jp

愛情を注いだ・注がないは、関係ないということです。

発達障害は『乳幼児期の愛着形成の不足』が原因になって起こるものではないということをはっきり言っておきたい。

出典 http://u-kaz.jugem.jp

断言できるそうです。

一方で、関係があるのではないか?とする意見もあります。

育児について「言葉掛け」や「あやし」をすることだと言う。昔は、乳幼児に対しなにをするにしても言葉掛けをしたり、目が合うだけで「あやし」たりしていた

出典 https://www.facebook.com

育て方で改善するのでは?ということのようです。

発達障害の予防はできない

発達障害の予防はできないとする意見があります。

発達障害は生まれつきのものなので、予防はできないと思います。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

遺伝が原因なので、予防は不可能という意見です。

予防はやはり無理だと思います。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

発達障害の予防はできる

一方で、予防できると主張する専門家もいます。

発達障害の予防策として「栄養補給」と「体温管理」の徹底を訴えている。

出典 http://www.data-max.co.jp

出産後にもリスク要因があると考えれば、筋が通っているような気がします。

リスク要因は妊娠前や妊娠中のみならず出産後にもあるので「発達障害は予防も改善も不可能」という考えは誤謬である。

出典 http://toshi-sawaguchi.life.coocan.jp

遺伝リスクのみに注目すると、予防できないということになりますが…

出産時点までのリスク要因(とくに遺伝的リスク要因)を重視するあまり,「発達障害は予防も改善もできない」という意見が常識化(?)しているように見える。しかし,これは明確な誤りである。

出典 http://toshi-sawaguchi.life.coocan.jp

その他にもリスク要因があるので、予防は可能という理屈です。

たとえば,両親の年齢が高いと自閉症の子どもが産まれるリスクが高まるので「なるべく若い年齢で子どもを作る」という方法で予防は可能である。

出典 http://toshi-sawaguchi.life.coocan.jp

たしかに、「なるべく若い年齢で子どもを作る」ということも、予防策になりますね。

発達障害は改善も可能である

発達障害の改善も可能だそうです。

出産時点で発達障害になっていた場合でも改善は可能である

出典 http://toshi-sawaguchi.life.coocan.jp

発達障害は理論的にも実践的にも改善可能であることは科学的には常識の範疇である。

出典 http://toshi-sawaguchi.life.coocan.jp

治らなくても、改善の余地はあるそうです。

現時点では基本的には治らないものとされていますが、その一方で「改善の余地はある」ともされています。

出典 http://xn--u6j5kl87fyjal12gfqa912a.jp

時間はかかるかもしれませんが、地道な努力を続ければ、改善する可能性があるのかもしれません。

長い年月をかけて、地道に1個ずつステップを踏んで、そして、結果的に「これだけ改善した」というケースも多くいらっしゃると思います。

出典 http://gado.or.jp

発達障害については、いろいろな人がいろいろな意見を述べています。発達障害に関する情報を集め整理して、自分の頭で考えてみることが大事だと思います。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら