習慣のすばらしさ

朝起きたら『おはよう』ご飯の前には『いただきます』寝る前には歯を磨いて、、、これはすべて当たり前にやっていることですよね。歯を磨くの面倒だなと思っても当たり前にみがいていることと思います。これはすべて【習慣】付いているということですよね。だったら【これは将来的に役に立つ!】と思うことは習慣付ければ子供のストレスが少なくてすむということになると思います。そして子供のストレスが少なければ反抗されることも少なくなり親御さんのストレスも減るわけです。まさに一石二鳥!!!

習慣付けるためにする大切なこと

さて、習慣付けるといっても、勝手に習慣づくものではありません。習慣付くまでは大人の力が必要になってきます。大切なことは次の4つにしぼってみました。

【毎日】【同じ時間帯に声かけ】【確認】【怒らない】

日々時間に終われている親御さんにとってはとても大変なことではありますが、習慣付けばとっても楽になるのでがんばってみてください。

【毎日】
とにかく例外なく毎日やらせることが大切です。習慣というものは毎日やることをいいますから。
【同じ時間帯に声かけ】
この時間はこれをやる時間というものを決め、最初は簡単なレベルで始めてみましょう。
【確認】
これはかなり重要です。やらせっぱなしは絶対いけません。必ず終わったときに確認しましょう。
【怒らない】
何事も最初は特に面倒なものです。慣れるまでは声かけで乗り越えましょう。

筆者が習慣付けた2つのこと

お部屋のお片付け

お部屋のお片付けは、長男が歩けるようになったときから寝る時間の30分前に片付けの時間としていました。最初はもちろん筆者と一緒に、小学校入学前に自分の机をもったときを機に最初は筆者もつきあいましたが慣れれば1人で片付けさせています。片づけのルールは【机の上下をきれいにする】それだけです。引き出しの中はノータッチです。そして引き出しは夏休み、冬休み、春休みの初日に片付けるのが我が家のルールです。長男は5年生頃から机の中をキレイに使えるようになったかなと感じています。

朝学習

もうひとつ、朝学習も習慣付けました。最初に話したのは【我が家では1年生になったらお母さんドリルをやるきまりだからがんばってね】とだけ伝えました。最初はひらがなの練習です。毎日朝起きたらご飯の用意をしている間に小さな紙に10問くらいやります。ご飯を食べている横で○つけ。間違ったものは翌日も出します。
朝学習の習慣化は中学校の勉強量からしてもできて損はないと思います。息子を見ていたおかげで娘も普通に取り組んでくれます。結果より毎日続けることが大切になってくると思います。

最後に

何事も習慣化するのはとても大変なことです。でも習慣付ければストレスが少ない環境になること間違いないですね。みなさんもがんばってみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

どんぐり兄妹 このユーザーの他の記事を見る

小6・小1の母親です!
気づいたこと・思ったことを記事にしていきます!

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら