深呼吸をする時間、持っていますか。

Licensed by gettyimages ®

毎日を忙しく過ごしていると、つい猫背になって浅い呼吸をしてしまいがち。でも、ほんの少しでも深呼吸をしてみると、体や心に良いことが沢山起こります。

落ち着くために深呼吸をされる方も、多いことでしょう。

忙しさのあまり、深呼吸する時間がない方もいらっしゃいます。

やり方は、とても簡単です。

Licensed by gettyimages ®

私たちは、誰もが呼吸をしています。お金もかからず、時間も2・3分程度でも出来るものです。

①:鼻から息を吸って、お腹を膨らませます。この時、まだ余裕を持たせておきましょう。

②:そして、いったん息を止めます。

③:さらに、鼻から息を吸い込んでお腹を最大限に膨らませます。

④:最大限に膨らませたら、鼻からまた息を出します。

出典 http://antiaging-life.info

最初のうちは、力を抜く。ゆっくり息を吐くことが難しいと感じる方も、いらっしゃるかもしれませんが、続けているうちに自然と出来るようになってきます。

深呼吸をすることで得られる効果は、こちらです。

その1:安眠効果。

Licensed by gettyimages ®

忙しい毎日を過ごしていると、睡眠時も交感神経と副交感神経の切り替えが難しくなってしまうとか…。ぐっすり眠れない、朝の寝起きが良くないという方はぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

安眠効果
先述したように、深呼吸をするとリラックス効果を得ることができます。全身の筋肉がほぐれて精神が安定しますから、快適に眠れるようになります。なので、寝る前に深呼吸を行うようにしてください。

また、寝つきが悪くて眠れないときには、布団に入りながら深呼吸を行ってみましょう。呼吸に意識を集中することで雑念が消えるので、すんなりと眠ることができる場合があります。だから、眠れないときには深呼吸をおススメします。

出典 http://www.career-rise.info

寝ながらの深呼吸もおすすめです。私も時々行っています。

その2:リラックス効果。

Licensed by gettyimages ®

深呼吸には、心を落ち着ける、リラックス効果があります。

リラックス効果
深く呼吸をすることで、全身の力が抜けてリラックスすることができます。これは、交感神経の働きが弱まって、副交感神経が活発になることによるものです。副交感神経とは、体を落ち着かせる働きをする神経です。

なので、深呼吸によって副交感神経が活発になれば、リラックス効果も高くなるというわけですね。日中に運動などをすると交感神経が優位になるので、なかなかリラックスできないことがあります。そういった時には、深呼吸を行うことで興奮を鎮めることができます。

出典 http://www.career-rise.info

全身の力を抜くというのが、意外と難しいもの。深呼吸をすることで、スイッチオフをしてゆっくり休みたいものですね。

その3:免疫力のアップ。

Licensed by gettyimages ®

深呼吸をすると、免疫力がアップすると言われています。それは、なぜでしょうか。

免疫力のアップ
深呼吸をすると肺が大きく動くことになるので、その周辺の筋肉も動きます。なので、全身の細胞が活発になって、免疫力を高めることができます。免疫細胞は血液を通じて全身に広がりますから、色々な病気の予防に繋がるということです。

なので、疲れにくくなったり、風邪などをひきにくい体質になることができますよ。健康的な体を維持するためには、非常に重要なことだといえます。

出典 http://www.career-rise.info

深呼吸は体質改善にも、効果があると言われています。

その4:生活習慣病の予防。

Licensed by gettyimages ®

深呼吸は、どのようにして生活習慣病の予防に役立つのでしょうか。

生活習慣病の予防
深呼吸をしたときには、肺から「プロスタグランディンI2(アイツー)」という物質が出ると言われています。これは、血管を広げて血圧を下げたり、コレステロールの吸収を抑える働きがあります。

そのため、高血圧の改善や動脈硬化の予防にも繋がるというわけです。最近は30代からでも生活習慣病を発症すると言われていますから、若い人でも日頃から深呼吸を取り入れるようにしましょう。

出典 http://www.career-rise.info

高血圧や動脈硬化は日本でも多くの方が悩んでいる症状。日ごろから深呼吸をすることで病気の予防に繋がるのであれば、ぜひ実践したいですよね。

その5:脂肪燃焼効果。

Licensed by gettyimages ®

深呼吸は、ダイエットをしたい方にも良い影響をもたらすと言われています。

脂肪の燃焼効果
全身の細胞が活性化することによって、基礎代謝を高めることができます。特に、深呼吸をすると横隔膜が内臓を刺激しますから、効率良く代謝を促します。だから、脂肪を効果的に燃やすことができ、ダイエットに効果があるというわけですね。

基礎代謝とは、何も運動しない状態で消費するカロリーのことです。人間はじっとしている状態でも内臓や筋肉を動かしたりしているわけですから、カロリーを消費しています。なので、基礎代謝が高くなることで、特別な運動をしなくても痩せやすい体質になることができるというわけです。

太りやすい人は、深呼吸をすることを習慣にしてみてください。

出典 http://www.career-rise.info

特別な運動をしていなくても、常にスタイルをキープしている方は、もしかしたら深呼吸を普段から取り入れているのかもしれません。

その6:冷え性の改善。

Licensed by gettyimages ®

平均体温が高くても、冷え性に悩む方が増えているそうです。男性でも冷え性の方がいらっしゃるので、パートナー・家族で深呼吸をする時間を持ってみるのも良いでしょう。

冷え性の改善
深呼吸をすれば、肺や横隔膜、内臓などが活発に動きます。そのため、体温が上昇して冷え性を改善することができます。冷え性が悪化すると、不眠症や肩こり、めまいやイライラなどの原因となります。

日常生活にも支障をきたすほど怖い病気ですから、深呼吸で改善できるのであれば嬉しいことですよね。朝と夜の二回、深呼吸をするようにすれば、冷え性を改善することができますよ。特に女性の方は、意識的に行うようにしましょう。

出典 http://www.career-rise.info

冷え性により引き起こされると言われている症状。多くの方が悩まされているのではないでしょうか。

イライラを改善することで、健康・美容に良い影響を与えてくれるでしょう。

便秘の改善
深呼吸をすると腹式呼吸となるので、腸の働きを活発にすることができます。また、副交感神経が優位になることで、腸の動きを良くする働きもあります。なので、溜まった宿便を出すことができ、便秘の改善に繋がるわけです。

便秘が長く続いてしまうと、腰痛や嘔吐、ストレスの原因となります。また、肌荒れなどの原因になることもありますから、女性にとっては大きな問題ですよね。なので、慢性的な便秘に悩んでいる人は、深呼吸を習慣にしてみてください。

出典 http://www.career-rise.info

便秘に悩む方は、特に実践すると良いでしょう。

無理せずに生活の中に取り入れることが、継続のコツですね。

ルール1:姿勢に注意
寝て行う場合→仰向けに寝て、身体全身の力を抜きます。
座って行う場合→背もたれのあるイスに、斜めに座って全身の力を抜きます。

ルール2:一呼吸は15秒ほどが望ましい
息を吸ってから吐くまでの時間は、最低12秒~15秒ほどが望ましいです。あまり短いと深呼吸の意味がなくなるのでご注意ください。

ルール3:1回10セット
一呼吸12~15秒ほどの呼吸を1セットとして、10セットしてください。大体、10セットを2分ほどで行うのが目安です。もし早く終わってしまった場合は、深呼吸の秒数が足りない事を意味しますので気を付けましょう。

出典 http://antiaging-life.info

このようなポイントを守って行うと、さらに効果を発揮できることでしょう。

深呼吸をすることで、もっと健康に美しくなれる。

Licensed by gettyimages ®

「呼吸」

私たちが毎日し続けていることだからこそ、意識をすることで「体とこころに良い生活習慣」を自然と実践することが出来るでしょう。ぜひ、1日2・3分からでもいいので、取り入れてみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

Asuka Yamamoto このユーザーの他の記事を見る

ビューティブロガー。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら