不倫と浮気とも違う、“誠実”な愛のかたち

一体どういうこと⁉︎と思う人もいれば、わかる!共感出来る人もいるのではないでしょうか。日本国内では1対1で付き合うこと、婚姻関係が成立しているが、もしかしたらそれは今までそうだったからという定義に囚われてるだけかもしれない。

、“一対一”という恋愛スタイルを疑問に思わず生きている。だが、それは絶対的なものではないかもしれない。本気で複数のひとを愛するというライフスタイル「ポリアモリー(複数愛)」を生きるひとびとが増えているのだ―。

出典 http://www.hmv.co.jp

そもそも、ポリアモリーという言葉はギリシア語の「複数」polyとラテン語の「愛」amorに由来し、アメリカで造られた造語

『複数』の人と『誠実に付き合う』

いやいや、そんなの都合のいい話しでしょ、言い訳では無いの?と思う方もいるかと思いますが、不倫や、浮気と違うのはパートナーに対して恋人の存在を隠さないこと。オープンできちんと付き合うこと。

お互いが、承認しているからこそ成り立つ愛の形。

複数の人を同時に愛することはタブーなのか

オープンマリッジもこの愛の形と言えるでしょう。


1973年にアメリカ合衆国の社会学者オニール夫妻(ネナ・オニールとジョージ・オニール)によって、夫婦が所有欲、独占欲、嫉妬心に妨げられず、自由に愛人を作れる、社会的、性的に独立した個人を認め合う結婚のスタイルを提唱した本『オープンマリッジ』が書かれ、出版された。この本は150万部以上売れ、文化に大きな影響を与えた。この愛人はサテライト(衛星)パートナーという。

出典 https://ja.m.wikipedia.org

あなたはこの愛の形、理解出来ますか?

現代のポリアモリーはモノガミーにつきまとう嫉妬や独占感情、パートナー以外の人に恋をしてしまったらパートナーとは別れなければならないという規範による愛情の持続不可能性からの解放を求める視点と同時に、関係性思考のマイノリティ的なアプローチもある

出典 https://ja.m.wikipedia.org

同性愛者をはじめ、今では様々な恋愛の形がある。日本でも、ポリアモリー・グループは存在していますし、ポリアモリーについて書かれた本も出版され、国際会議も開かれ世界的な広まりをみせているこの愛の形があってもいいのかもしれない。

この記事を書いたユーザー

りん5 このユーザーの他の記事を見る

やりたいように生きる♡ラインスタンプ販売中♡
副業でどこまで稼げるかを日々の出来事とあわせて綴っています。

グルメやレポートや旅行中心Diary
http://ameblo.jp/chou-chou77/

ダイエットや引き寄せなど興味があることにチャレンジDiary。
http://poporingo55.hatenablog.com/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス