記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
成人の女性であれば、カンジダという病気、きっと一度は聞いたことがあるのではないかと思います。

デリケートゾーンにかゆみが出たり、白っぽいおりものが出たりする病気…というイメージはすでにお持ちの方が多いのではないでしょうか。
今回はこの膣カンジダの原因と対策について、医師に解説していただきました。

当てはまったら受診を!膣カンジダの症状は?

膣カンジダはセックスによって感染するもの、と誤解をされている方もいるのですが、実は膣カンジダの原因となる真菌の一種であるカンジダは、女性の膣内にずっと存在している、いわゆる膣内の常在菌の一つです。

ちなみに、男女ともに皮膚や口の中にも存在しているごく一般的な真菌です。そのため、「性交渉の経験がないから発症しない」というのは間違いです。

膣カンジダの症状としては、よく知られている

・陰部の強烈なかゆみ

・カッテージチーズ状とも、酒粕のようだとも称されるポロポロした、白いおりもの
・陰部に赤みが出たり、灼熱感、ひりひりするような痛みが出る
・おしっこをする際やセックスの際に痛む

などがあげられます。

膣カンジダは免疫力が低下すると発症する?

膣カンジダになる原因にはいろいろありますが、

・風邪にかかったりして体力を消耗したとき
・ストレスが強いとき
・生活のリズムや食事のバランスが大きく乱れたとき

などが代表的なものです。
これらに共通しているのは、もともと私たちの身体に備わっている免疫力が低下したとき、ということが出来るでしょう。

また、カンジダ菌が繁殖しやすい状況が作られたとき、例えば

・風通しの良くない下着、きつい下着などをはき続けて蒸れがひどいとき

・風邪などの感染症で抗生物質を服用して、カンジダの繁殖を抑えてくれる菌まで殺してしまい、デリケートゾーンの細菌叢のバランスが変わってしまったとき

なども要注意の時ですね。
加えて、免疫力が低下する病気、例えば糖尿病をお持ちのかたやHIVに感染している方などもやはり、膣カンジダにかかる確率が高くなります。

≪不正出血にはそうしたトラブルが隠れているかも!≫
不正出血、もしかしたら病気のサインかも…見分けるポイントは

カンジダの治療はどこで行っている?

専門は婦人科で、おりものの検査で膣カンジダ症を診断することが出来ます。

もしかかってしまって、かゆみやおりものなどの症状がある場合、カンジダに効果のある抗真菌薬を含む膣剤を使用します。同時に、軟膏やクリームなどを外陰部に塗ってかゆみなどの症状を抑えるようにします。

よく皮膚疾患に使われるステロイドの軟膏やクリームはカンジダを悪化させてしまうので使ってはいけません。

妊娠されている場合は、治療内容が異なることがありますから、特に必ず早めに産科・婦人科を受診して相談するようにします。

【医師からのアドバイス】

膣カンジダ自体は通常、重篤な病気ではありませんが、あまりにも短期間に何度も繰り返すような場合には、免疫に異常をきたすような病気が隠れていることがあります。おかしいなと思ったら、恥ずかしがらず婦人科を受診する習慣をつけましょう。

また、性器の洗いすぎも常在菌のバランスを崩してしまうためカンジダの原因となりますので、注意しましょう。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス