「弁護士に相談したいけど、敷居が高く感じて相談しづらい」

「気軽に相談できればいいけど、結構費用がかかるんじゃ…」

「優秀な方にお願いしたいけど、何を基準に選べばいいのか…」

会社の法務は極めて重要ですが、“弁護士”に対してこんなイメージを持ち、相談をためらったことはありませんか?

この度、そんなイメージを真っ向から覆す「かなり斬新な」ベンチャーやスタートアップ企業向けのパッケージ新サービスを発見しました。
知名度も高く、実績豊富な弁護士チームが提供しているのでご紹介します。

■スタートアップに特化した「弁護士法人Next」の顧問弁護士サービスとは?

日本弁護士連合会の調査によると『顧問契約の相場は5万円』と言われています。
その事実を踏まえた上でこちらを見るだけでも、お得感が垣間見えますね…。

では具体的に、どんなポイントが「かなり斬新」なのでしょうか?

■「かなり斬新な」3つのポイント

1.「Facebookのメッセージ」で相談OK!

「いざ、相談したい!」と思ったときでも、どのような準備が必要か、
どこから説明すればいいか、ちょっと身構えてしまいますよね。
  
  でも 弁護士法人Nextさんのサービスは、なんと「Facabookメッセージで相談OK!」
  時代に即した、なんとも斬新な仕組みとなっています。
  まるで社内で相談できるかのような身近さを感じますね!

2.利用しなかった月は「繰り越し」もOK!

「顧問契約を結んだはいいけど、結局今月は利用しなかった!」

そんな場合でも大丈夫。

なんと“ミニマム顧問プラン”ならば、月2時間の相談時間を「最大6ヶ月まで繰り越し」できます。

例えば5ヶ月間利用しなくても、6ヶ月目で最大12時間利用可能なのです。なんとも斬新…。払い損のリスクも抑えられて、より一層安心ですね。

3.相場を下回る驚愕の安さ!

全体と通して言えることは「とにかく安い!」
通常、弁護士の方との顧問契約というと『過半数が5万円以上』(日弁連調べ)。しかも実際は契約書を見るなどはオプションになっていてもっとかかるはず。

しかし、弁護士法人Nextさんは、メディアでも度々登場する凄腕弁護士揃いにも関わらず、「スタートアップ顧問プラン」が月3万円から、「ミニマム顧問プラン」は月1万円で契約可能。
  
しかも、どちらのサービスも「顧問表記が可能」となっています。
弁護士の顧問表記をするか否かによって、社外からの見られ方にも変化が出てくることでしょう。

■メディアにも多々露出している有名弁護士陣

今回の斬新なサービスを始めた 弁護士法人Nextさん。
テレビや書籍でもお馴染みで、凄腕揃いの弁護士法人です。

プレスリリースに書いてある内容ですが、
・代表弁護士多田猛 が『テリー伊藤のトラブルハンター』(2/3・2/10)にテレビ出演
・川邉賢一郎弁護士 が『ウラマヨ!』(3/14)にゲスト出演
・倉持麟太郎弁護士 ニュース番組『モーニングCROSS』(8/3)にテレビ出演

なんだか凄そうな顔ぶれですが、弁護士法人Nextさんのコンセプト「Next to You」が描く姿は、お医者さんで例えると「小さな、でも親切な町医者」とのこと。

経営者に寄り添う弁護士として、親身に相談に乗ってくれるというのを掲げています。

出典弁護士法人Next

弁護士法人Nextのスタッフと弁護士の皆様

■労働関係の分野は、政府が開設した「雇用労働相談センター」にも参画

■多田代表弁護士に実際に聞いてみた

実際に多田先生の事務所へメールでなんでこのサービスを作ったのか聞いてコメントをもらってきました。

私自身、零細企業のサラリーマン出身で、そして今は弁護士法人Nextといういわばスタートアップ企業(設立1年)の経営者でもありますから、スタートアップの企業や零細企業の経営者の悩みなどはよくわかります。
そして現在、ベンチャー企業等を支援する国の事業にも当法人として携っています。
設立間もない頃こそ、法務をしっかりと固めるべきだと私たちは考えています。
でも、弁護士は今まで料金・心理、両方の面で「敷居が高い」存在で、誰に頼んで良いかもわからない方が多かったのではないでしょうか。
ですから、ぜひスタートアップの方々に、弁護士を身近に感じてもらいたい、そして我々もスタートアップですから、共に成長させていただきたい、そういう思いでサービスを考えました。

出典多田先生に直接メールで意見を聞く簡易取材を実行!

■顧問契約の他、ビジネスモデルレビューサービスも実施中!

■顧問弁護士がすぐ見つかる時代に

 法的なリスクは顕在化・深刻化する前に相談することが大切ですよね。
 しかし、顧問弁護士契約を結びたいと考えながらも、実はなかなか動き出せていなかった経営者の方も
かなり多いのではないでしょうか?

 弁護士法人Nextさんの登場により、実力派の顧問弁護士の方への相談がグッとしやすくなるように思えます。
 コストが抑えられることも、注目したいポイントですね。

皆さんの周りのベンチャー経営者や法務部署の方にも、是非お勧めしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

片山智弘 このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • インターネット
  • 広告
  • グルメ
  • 料理
  • カルチャー
  • エンタメ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス