実は、5日ほど前に突然、自分の言葉が1つも書けない状態になっていました。
ライターの仕事をしているので、文章が書けなくなったということです。
すぐに相手先に連絡すると、無理しないでくださいとありがたいことを言ってくれました。

その時の自己判断で、2日間お休みをいただいて、1日2記事のスタートをという提案をして、受け入れてもらえました。

私は、毎日パソコンにかじりつくように文章を打ちまくっていました。
1人で家でやっている仕事ゆえに、何時間働いたら良いのか?
それは、自分次第です。
それに、働かないとお給料はないのです。
どれだけ休憩すれば良いのか?
個人差はあるにせよ、休憩すると無給なんです。

これらのことを振り返り、2日間とにかくストレス解消をしようと思いました。

買い物へ出かけたり・・・。

出典足成

とにかく、外出をして楽しく過ごそうと努めました。
家から距離がある方がより効果的とも聞いたことがあったので、電車で何時間もかけて出かけたりもしました。
楽しく1日中笑顔だったなと思えるぐらいの2日間でした。


いざ、ゆっくりとした復帰になると・・・・また自分の言葉がなかなか出てきません。
でも、ひねりにひねって、すごく時間がかかり1日2記事を書きました。

おかしい・・?
なぜ、私はストレス解消をしたのに、まだ書けないのか?
自分のことなのに、わかりません。
もしかして、文章を書くことがスンランプに陥ったのか?

スランプ解消法を調べてみると、好きなことをしましょうと書いてあって。
私は好きな文章を書くことができないのにと、ドツボにハマってしまいました。
ストレスか、スランプか、はたまたノイローゼまでも疑いました。

魔女の宅急便に描かれているスランプ!

出典足成

魔女の宅急便というジブリの映画で、主人公の魔女のキキがほうきに乗って空が飛べなくなるシーンが印象的です。
キキが必死に飛び立とうと練習するシーンを、まるで我がことのように感じました。

キキが森の中で絵を描いている少女に「描けなくなったらどうする?」と質問します。
すると「描いて描いて描きまくる」それでもダメなら「しばらく何もしない」という答えが返ってきました。

まさに、私はキキのようにがむしゃらに文章を書こうとしていました。
そして、私は書きまくった・・・けれど解決しません。

ストレス解消アプリがある!

出典足成

どうにか今の状態を脱したいと、ネット検索をたくさんしました。
すると今、ストレス解消のアプリがあることを知りました。

私も先ほどインストールしたのは「ストレス解消サウンド」というアプリです。
使い方は、自然の雨や風、森、小川、海、鳥の声をそれぞれ音声設定します。
そして、波動、森、スペース、火のボタンを押すとこんな感じの映像が出てきます。

ストレス解消アプリの画面!

出典足成

選んだボタンによって、こういった画面が出てきて少しずつ変化していきます。
ボタンにより、元気がでる、ストレスや怒りの解消、活力が得ることができるそうです。
今、やってみて確かにストレス解消CDを聴いているようで、吸い込まれるように画面に見入ります。
これは、無料のアプリなので興味がある人は試してみてください。

あと画期的だと思ったのが「愚痴バブル・ストレス発散!匿名SNS」です。
誰にも言えない愚痴を書きこむことでストレス発散するもので、匿名でできて、しかもその書いた愚痴は24時間すると消えてしまうと言う。

まさに、私が1人で仕事するにあたって仕事の愚痴を分かち合える同僚がいないことも悩んでいたのでやってみようかと思いましたが、これは辞めました。

レビューにて、他の人の愚痴を見るのが嫌とか、変な人に絡まれたとあったのです。
もう、ストレスMAXな私はこれに対応できないからです。

そして、私が困っている自分の言葉が出ない苦しみの原因は他人ではなく自分だから。
愚痴の問題でもありません。

もう八方ふさがりでダメだと思った・・・。

出典足成

自分の言葉が出てこなくなって4日目の昨日は、大きな不安にかられて、私はもうライターという仕事をすることができなくなったと深刻になって深く悩みました。
要は、一生この状態が続くと思ったのです。

自分では、ストレス解消もし尽し、スランプ脱出ももう手を尽くしてもう、なにをしてもうまくいかないと悲観しました。

そして、今朝になり仕事で1記事書こうと書いてみたら、徐々にではありますが、自分の言葉が戻って来ました。
まだ、手探りではありますが、暗闇に光が射した瞬間でした。

私は仕事に対して完璧主義者なのだと気づきました。
もちろん、完璧になれる器ではありません。
それゆえに、自己判断で仕事のペースも休憩も決めることができるから、自分に無理をさせ過ぎたせいで、自分の言葉が出てこない状態に陥りました。

なぜ、復活しつつあるか・・・具体的にはコレをしたからというものはありません。
悩みに悩み、手を尽くしたここ数日。

答えがあるとしたら「時間」だと思います。
時間が経ったから、私は復活しつつある。
時間が解決してくれるとは、このことだと思いました。
その間、もがきにもがきまくって、やっとここまでたどり着きました。

生きていれば、もうダメだ、何をしてもうまくいかない、できないと思うことにぶつかります。
今回それを味わって、人それぞれに解消の仕方もあり、その方法の種類も多様化しています。
この辛く苦しい状態はずっと続くわけではない、このことだけ知っていればもう大丈夫だと思いました。


明芽メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0001669191.html

この記事を書いたユーザー

明芽 このユーザーの他の記事を見る

ライターとしてセキセイインコと同居するインドア派!
ハンドメイド作品をチェックし購入することが大好きです!
1人でも多くの人に知ってほしいことを発信していきます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 音楽
  • スポーツ
  • 社会問題
  • ライフハック
  • インターネット
  • 育児
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら