ウォーキングで持っていくといいもの

ウオーキングの時持っていくといいものを紹介。
水筒・500ミリリットルボトルは必須で、夏に熱中症がよくニュースになりますが、それを見てから必ず持って歩いてます。

中には粉のポカリを家で作り持っていきます。

途中喉が渇いたとき小銭を使わないようにできて節約に。

ウォーキングタオルはマフラー兼用のものを持っていって、冬は特に汗をかいた後冷えてし合って肌寒くなってしまうことがあり、あれば便利。

リストバンドはすこし汗をかいたりした時ぬぐえますから、便利で、タオルを使うほどでない時に役だちます。

時計はどれぐらいの時間歩いたかを知ることができて、目的、時間もわからず歩くのは飽きますから、持っていきましょう。また万歩計もいいです。

ウオーキング用ショルダーバッグは小物を入れたりするときに便利。

非常食は長距離になるほど、合ったほうがよくて、飴、カロリーメイトみたいなさっと食べられるものがいいです。

少し食べてみれば疲労回復となり、家にあるのを少量持っていきましょう。

夏、虫よけ、日焼け止めスプレーがあるとよく、ねん挫などの怪我なら、冷却スプレーがあればいいです。

私も一回ねんざ経験があって、助けられました。重くないですから、常備してます。

アイテムはなるべく取捨選択しましょう。全部だとかさばって重いです。

夫のうたたねを治すには

家族のため仕事をしてきてくれる夫、疲れてリビングでテレビを見乍らうとうとしてしまったり。


疲れているからしょうがないとわかっていてもそのだらしない姿にイライラしてしまったりしませんか。

そうした夫のうたたねを治す方法を紹介。

そんなとこでうたたねしないで!

こう注意されても夫の心に響きません。

口論になったしまったりします。注意するときは夫の体をきづかった愛情のこもった言葉を。

こたつで寝ると、風邪ひくから別途で寝たら温かいよ。ソファでも疲れは取れないから、布団干したから気持ちいいし、別途で寝てみたら。

こう愛情こもった表現なら、口論にならず素直に聞き入れてくれるでしょう。

冬こたつ、ホットカーペットに入っていれば、つい抜けられなくて、寝てしまいます。しかし電気代がもったいなく、身体にも悪影響。

夫がこたつ、カーペットで転寝しているとき、寝る時間だから消しとくと勝手に切ってみてください。切った時あいまいな返事でも冷えれば自然にベッドに行くでしょう。

こたつは時間が来れば消すといったルールを作ればスムーズ。

夫がリビングで転寝するのは、居心地が良すぎるからで、温かいこたつ、カーペット、テレビ、ソファなどこうしたものがあれば、どうしても睡魔が襲います。そうなれば寝室に行くのが億劫になります。

そうならないようにするには、夫にとってリビング以上に居心地がいい寝室づくりを心掛けてください。

寝具は清潔にして、ちょうどいい硬さのベッド、枕を準備。

寒い時期は布団を温めて、熱い時期は、リビングのエアコンは付けないで寝室だけつければ、夫もだらだら過ごさず、寝室に向かうようになってくれたりします。

家族でこたつ、カーペット、テレビを消すルールを作ると子供の教育にもなり電気代節約になります。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら