私たちのお仕えする神は、
  その燃え盛る炉から私たちを救うことができます。
そうでなくても、私たちは王様の神々に仕えることも、
  金の像を拝むことも致しません。ダニエル書3:17~18

主の言葉:
見よ、あなたの前に門を開いておいた。
  誰もこれを閉めることはできない。
あなたは力が弱かったが、わたしの言葉を守り、
  知らないとは言わなかった。黙示録3:8

      (ローズンゲン日々の聖句12/3;木)
 紀元前600年頃のこと、
バビロンの王、ネブカデネザルは、高さ27mほどの金の像を建て、
諸民、諸国、諸国語の者たち、すべてに、ひれ伏して、
この金の像を拝むように命じたのだそうです。
ひれ伏して拝まない者はだれでも、ただちに火の燃える炉の中に投げ込む、と。

 捕囚としてユダヤから連れて来られていたハナヌヤ、ミシャエル、アザルヤは、
王に仕える者となり、バビロン州の事務をつかさどる者となっていたのだそうですが、
この像を拝まなかったため訴えられ、
ネブカデネザル王の前に立たされることになったのだそうです。

 王は、「もし、ひれ伏して、私が造った像を拝むなら、それでよし。
しかし、拝まないなら、ただちに火の燃える炉の中に投げ込まれる。
どの神が、私の手からおまえたちを救い出せよう」と言ったのだそうです。

 ハナヌヤ、ミシャエル、アザルヤは、答えて、
「もし、そうなれば、私たちの仕える神は、
火の燃える炉から私たちを救い出すことができます。
王よ。神は私たちをあなたの手から救い出すことができます。
しかし、もし、そうでなくても(口語訳は、「たといそうでなくても」)、
王よ、ご承知ください。私たちはあなたの神々に仕えず、
あなたが立てた金の像を拝むこともしません」と言ったのだそうです。

 王は怒りに満ち、3人を火の燃える炉の中に突き落とすよう命じたのですが、
火の中には4人の者が歩いているように見え、
王が、火の中から出て来るように命じたので出て来た3人の者は、
頭の毛も焦げず、上着も以前と変わらず、火のにおいもしなかったのだそうですね。

 今から70年ほど前の、日本統治下の朝鮮での話。
 大邸保聖女学校の若い音楽教師、安利淑は、神社参拝をしなかったため、捕えられ、
6年間、平壌刑務所に監禁されたのですが、
うら若き女性が真の神への純潔のゆえに
日本帝国に抗して神社参拝を拒否する、
その時支えになったのが、このハナヌヤたちが答えた
「たといそうでなくても~~拝むことをしません」の言葉だったのだそうです。

 面会に来た母親との別れの挨拶は「天国の門で会いましょう」だったそうです。

 そして、死刑判決を受け、絞首刑になるところを、日本の敗戦で解放されたのだそうです。〔安利淑著「たといそうでなくても」待晨堂〕より。

 私たちも、あの方の恵みを受け取って、
門を開いておいてもらえ、
「わたしの言葉を守り、わたしの名を否まなかったから」と言っていただける歩みをしたいですね。今日も。

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

<ahref="http://www.blogmura.com/point/00697809.html" ><imgsrc="http://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>

[269RANKのランキングサイト]

"哲学・思想 ブログランキングへ"

この記事を書いたユーザー

佐知男 このユーザーの他の記事を見る

愛媛県久万高原町の産。仏教大学(社会福祉)、JTJ宣教神学校卒。キリスト教プロテスタントの教会員。

権利侵害申告はこちら