年末の掃除で、きれいにしたつもりなのにイマイチきれいになっていない箇所の1つに網戸や窓があるのではないでしょうか?
脚立に上って高い所も頑張ったのに・・・という人も多いでしょう。

網戸や窓を掃除するとき、どのようにしていますか?
いきなり、スプレーを吹きかけてきれいにしようとしていませんか?
それ、NGなんです。

家庭のお掃除を代行する家事援助の仕事をしている友人に教えてもらったのですが、
まず最初に乾拭きすること
これがとっても大事なんだそうですよ。

網戸を乾拭きすると、雑巾が真っ黒に!

スプレーを吹き付ける前に、雑巾で網戸を乾拭きしてみて下さい。

屋外に面している網戸は、雑巾が真っ黒になって、たぶんびっくりするでしょう。

乾拭きしないでいきなりスプレーを吹きかけると、網戸についたホコリが塊になって網目にはまり込んでしまいます。そうなるとよけいに汚れが落ちにくくなるのです。

掃除専門の業者では、ブラシを使ってホコリを落としてから水拭きするようですが、ご家庭ではホコリが舞うので、雑巾で乾拭きするので良いでしょう。

筆者は100均の洋服ブラシを1本お掃除専用にして、まずはこれで網戸のホコリを取ってから雑巾で乾拭きしています。

2人で表からと裏からと一緒にやるとベター

網戸は二人で表と裏を一緒にやるとより一層きれいになります。
上の端から → ↓ ← ↓ → と網戸を挟み込んで一緒に拭いていくと、やりやすいしきれいになります。

一人でやる場合は、両手に雑巾を持って、網戸を挟み込むようにするか、段ボールなどを反対の面に敷いて固定すると良いでしょう。

窓拭きも同様に、まずは乾拭きが大切。

窓拭きも網戸と同様に、まずは乾拭きが大切です。

窓を拭いたときに、よく汚れが白い筋になって残ってなかなか落ちないことがあると思います。
あの白い筋の正体は、いきなり水拭きしたりスプレーを吹きかけて拭いたために、細かなホコリが固まって結晶化し、窓に貼りついたものです。

表面についていたホコリを濡らしてしまうと、窓に貼りついてしまって、よけいに落ちにくくなるのです。

あのイライラさせる白い筋を発生させないためには、まずは乾拭きして表面のホコリを拭き取ることが大切です。

塗れた状態で放置しない

乾拭きが済んだら、右手に濡れ雑巾、左手に乾いた雑巾を持って(反対でももちろんOKです)、濡れ雑巾で拭いたらすぐに乾いた雑巾で拭くことが大切です。

自然に乾かしてしまうと、ギラギラ変な色に光ったり白く曇ったりします。乾く前に水分を拭き取ることがきれいに仕上げるコツです。

窓拭き用のスプレーを使う場合も、十分に水分を拭き取ることが大切です。

いかがでしたか?

週に1回でも窓や網戸の乾拭きをしていれば、年末の大掃除は必要ではなくなるくらい、きれいになるそうですよ。
年末の大掃除は、できればサッとすませて年末年始くらいはゆっくりとしたいですよね。

どうぞ、寒いと屋外で作業するときは、風邪などひかないように気を付けてお掃除してくださいね。
そこの旦那さん! 何もしなかったんだったら、奥様のお掃除が終わったらお茶くらい入れてあげなさいよ。

お掃除お疲れさまでした~。

この記事を書いたユーザー

不死身のひみこ このユーザーの他の記事を見る

患者からの目線と元医療従事者としての目線とで、医療や健康に関する記事をメインに書いています。
4度の手術に膠原病でバツイチで・・・と波乱万丈の人生ですが、”人生に喜びや笑いを添付したら結果は出るはず!”という「喜笑添結」で毎日を過ごしています。

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら