「どこから見ても美脚」は無理かも。

出典 YouTube

横からは、とても難しい。
後ろ姿は、微妙。
正面からの脚は、綺麗に見せやすい。

後ろ姿の、美脚になりたい。

美脚に見せるには、方向があります。


脚を、美しく見せるには。

脚は、簡単に美しく見えるところと、美しく見えにくいところとがあります。  

簡単なのは、前から美脚。
モデル立ちです。まあまあのラインが出やすい。

前から美脚

チェックミニにボーダーハイソックス。

次は、後ろから見た、後ろから美脚。これもまた脚線美に近い雰囲気が出る(こともあります)。
ただし、実際以上に太く見える傾向があるので、太目の脚の人は禁物です。 

後ろから美脚


難しいのは横から見たとき。横から美脚です。
なかなか手強い。
すっきりと細い脚であっても、脚全体の形が必要以上に強調されます。 

ですから真横から見て、いわゆる美脚であれば、それは間違いなく「美しい脚」です。
しかし、これもまた、横だけ良くて、前からは?ということがありますし、後ろからは良くても前からは??ということもあります。


さて、脚は、その断面は、やや楕円です。
離れて見ると、単純に、円柱です。あるいは、下にすぼまる紡錘形です。エンタシスの下半分と申しましょうか。
 いずれにせよ、美しいラインで、構成されている建造物のようなものです。
 
 人が歩くとき、周りから見ると、前後左右がその観察位置となりますので、円柱であることは有利な条件です。
ところが、その断面が全くの円ではありませんし、脚そのものに複雑な動きがあります。腰からつま先まで、一点としてとして、単調かつ同じところがありません。

だからこそ、微妙、絶妙な美しい造形的ラインが出るのですね。尽きることのない興味関心と研究意欲が生まれるわけです。
脚にこそ、自然造形の美の極致があるといえます。と、興奮気味になったところで、結論です。

脚は前後左右から観察しましょう。
横からみて、美脚なら、その脚は、間違いなく「美しい脚」です。
「横から美脚」を心がけてください。
一番難しいラインを見ることが、結局は、本当にきれいな脚になる近道です。

横から美脚

横からの脚は、太めに見えます。
太ももの線が綺麗なので、これは合格の脚。
ミニスカートは黒のフレアが見栄えの点で有利と思います。

この記事を書いたユーザー

吉祥寺桜真琴 このユーザーの他の記事を見る

美脚、美しい脚になる方法、綺麗な脚を持ち続けるための工夫など、実際に体験したことを紹介します。記事中の画像や動画は、すべて、吉祥寺桜真琴本人です。体験と実践と結果で証明しなければ、何事も説得力を持たない、というのが信条です。スポーツや音楽、健康と美なども、楽しく紹介できたらと思います。
https://sakuramakotoki.tumblr.com/

得意ジャンル
  • 音楽
  • スポーツ
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス