買い物に使える時短テク

主婦、一人暮らしの方なら、ほとんど毎日スーパーで買い物するのではないでしょうか。1日はだれでも平等に24時間、時短できれば、その分の時間他のことに使えます。買い物は毎日のことなので、ちょっとでも時短できればいいです。


日々生活して、すぐ切らしそうだ、次買い物にいったら買わなくちゃと思ったりしますよね。ですが、それをすぐメモしておく方はあまりいません。そうするといざ買い物にいった時に何か買わなくちゃと思ったけど、とりあえずスーパーを一周すれば思い出すかもと歩き回ったりします。

結局時間ばかり損して、買わなくていけないものが思い出せなくて、目についた新製品のお菓子を買ったといったことになりがち。

そうならないようにするには、やってもらいたいことはたった一つ。

買いたいものを思いついたら、すぐ携帯メモに入力を。これだけです。初めはなれないでしょうが、習慣化してしまえば簡単。

携帯は今誰でも持っているといっていいもので、買い物に行くときも持参する方がほとんど。かならず持ち歩くメモ帳として使えるものです。

もちろん紙でもいいですが、紙に書いたメモなら買い物に行くとき忘れたりしがち。その点携帯はそうしたことが少なく、おすすめ。

買いたいものも忘れず買えて、無駄に歩く必要性もなくなり、買い物時間は短くなります。


怠け者でもできる自炊術

自分でご飯が作れれば、おいしくて健康的で節約になることなどいいことづくめ。ですがなれないと始めるのも面倒で、続けるのも大変。


調理道具は簡単に使えるものを用意。基本は忘れてもよくて、自分の使わないものをそろえてももったいないです。


ごちゃっとした台所は自炊するやる気をそいでしまい、最初自分が使えるもの、使うものからそろえていくといいでしょう。慣れていろいろ作りたくなれば自然に調理道具は増えます。その時になればそろえればいいだけ。最初から頑張る必要はないです。ですが何からそろえればいいか悩みます。

湯を沸かす時、やかん、鍋、電子レンジ、電気ケトル等ありますから、どれを選びますか?


自炊は最初電子レンジを用意しない場合もあり、電子レンジ中心なら、やかん、鍋が邪魔になります。自分が何を中心にするか考えて調理道具はそろえましょう。

自炊といっても最初からハードルを上げるわけではなく、パンを焼きバターを塗って、コーヒーと一緒になどからやってみてもいいです。

パン、コーヒーでは寂しく目玉焼きを作る。それだけではバランスが悪くミニトマトを添えてなど進化させてみましょう。

子供のころから料理する習慣があれば自然に通る道ですが、その習慣がないなら仕方ないです。今その過程をたどってみてください。


面倒で途中でやめるよりも無理しないで少しずつ週間にしてみたほうが長い目で見れば効果があり、無理しないで始めることや、続けることを優先を。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら