就職の際に意外に好評な資格!

出典足成

私は中学生の頃、剣道部だったので剣道初段を持っています。
けれど、当時は中学生は初段までしか取れないシステムで、受ければほぼ受かるようなものでした。

履歴書に書くにふさわしい資格とは、思っていなかったのですが「剣道初段」と書いてあると、ほとんどの面接官が「元気がありそう」「体力があるんですね」と言ってくれて、意外と好評でビックリしました。

あと、私が持っているのは簿記2級。
これは高校で全員が取る資格ですが、まったく職業柄役に立っていません。
けれど、履歴書に書いてあると有利になる可能性がある資格です。

あと、英検3級の中学生終了レベルの資格も持っています。
これは意味がないとは思うものの、これも強制的に取ることになり、しかもそれまで筆記試験のみだったのが、初の面接試験ありで情報も何もない中受けるのは緊張しました。
私が受けた初回では、英語の雑談のあと手渡される英文を読み上げて、その文章に対する質問を英語でされて、それに英語で答えるというものでした。

あと社会人になって勉強がしたくて韓流ブームのずっと前に韓国語を通信で習いました。
そして、3か月でハングル能力検定試験4,5級を取りました。
当時は日常会話程度の読み書きができました。
ヒアリングが通信だったので心配でしたが、ゆっくりとしたスピードだったので合格できました。
今では使うことさえもないので、読みしかできなくなってしまいました。

面白い資格!

出典足成

今は資格の数は数えきれないほどあります。
オシャレな資格として、野菜ソムリエなんてよく聞きます。
調べてみると、こんな資格初めて知ったというものがありました!

ペットロス検定

出典足成

なんと「ペットロス検定」という検定があります。
ペットロス症候群を理解し、相談者として対応するスペシャリストになれます。
別れの準備や悲嘆ケアなどの問題が出題されます。

私も数々の動物の家族との別れを経験してきました。
かなり衝撃に心は漆黒の闇になってしまいました。
それが幼いほど、心に堪えました。

そういった時に、相談にのる人の資格がある時代なんですね。
それだけ動物と一緒に暮らす人が増えたこともありますが、ペットに入れ込む気持ちが強くなってきた傾向があるからペットロス検定もできたのでしょう。

私が動物園の飼育係を目指していた専門学校は衰退の傾向にありました。
当時は、ペット業界がダメになっていくとされていたのです。
でも、今現在ペット業界、例えば犬の美容院もたくさんあるし、ペットコーナーもいろんなお店にもあります。
ペットの着る服も動物病院もたくさん見かけます。

箸検定!

出典足成

箸は日本人でも、その人によって箸の上手い下手に差があります。
そんな中「箸検定」の登場です!

箸検定は、箸をきちんと使い、箸を世界へ広めるためにあります。
そして、合格すると箸講師の道へすすめます。

こうしてみると、海外へ向けての資格のようです。
海外で日本食ブームがよくある国があるので、そこでこの箸検定を持っているとマナーが守れる人として見られるでしょう。

私は、小さい頃から箸の持ち方に親が厳しかったので、綺麗に持てるようになりました。
けれど、結構人それぞれ個性がある持ち方をしていて面白いです。

資格があると良いもの!魅力の資格!

出典足成

私は文章が好きで「ライター」になりました。
しかし、ライターに資格はありません。
ですから「私はライターです」と言えば自称ライターが誕生するシステムです。

ライターに資格があるといいなとは思うのですが、どういった内容の試験が適格かわかりません。
文章は誰にでも書けるゆえに、レベルを知ることができたら仕事にやりがいも出るし、自分のレベルに合った仕事が舞い込むはずです。

あと、私にとって魅力ある資格に「樹木医」があります。
まさに樹のお医者さんです。
樹に触れたりして治療する姿をテレビで見たことがありますが、知識にたけていないとできない仕事に魅力を感じます。

あとは「手話」「点字」の検定も受けたみたいです。
必要に応じて、手話や点字が必要な際に実践したいです。
私の知り合いに手話も点字もできる人がいて、地域から依頼があり一緒に病院へ行き症状を手話で通訳したりしていました。
ボランティアですが、まさに人の役に立てることだと思います。

今は就職難だと言われています。
そんな中やはり履歴書に就職に有利な資格もあると思います。
私としては、自分の自己紹介になるような資格があれば、その人の良さを面接だけでなく理解することができるようになると感じています。
すべての職業が資格だったら、適格に入社ができるのかなとも思います。

資格マニアといって資格を取りまくっている人もいると聞きます。
その一方で、履歴書に書ききれないぐらい大量の資格があると逆に不利になるとも聞いたことがあります。

どんなに歳をとっても興味がわいたらその分野の知識がありますと証明するためにも、資格を受けたいので、生涯勉強し続けたいと思います。


明芽メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0001669191.html


この記事を書いたユーザー

明芽 このユーザーの他の記事を見る

ライターとしてセキセイインコと同居するインドア派!
ハンドメイド作品をチェックし購入することが大好きです!
1人でも多くの人に知ってほしいことを発信していきます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス