本当にこれで良いのか???

明日からJリーグチャンピオンシップ決勝が始まる。
先週、年間勝ち点2位の浦和レッズと年間勝ち点3位のガンバ大阪が埼玉スタジアムで対戦し死闘の末ガンバ大阪が3-1で勝利し決勝進出。

私自身はガンバ大阪の大ファンである。
従ってガンバの勝利は当然嬉しい。
是非、連覇を達成して欲しい。

しかし、本当にこれで良かったんだろうか???
下剋上と言えば聞こえは良いが、一年間のリーグ戦は一体なんやったのか?
今回はたまたま1位~3位の勝ち点差は僅差だった。
しかし、1位のチームが独走してもチャンピオンシップは開催される。

サポーターも選手もとまどいながら

サポーターの中でもとまどいと言うかイマイチ盛り上がらない部分があると思う。
その証拠がガンバvsレッズの浦和戦のスタジアムの空き具合ではないだろうか?
テレビでもはっきりと分かる程に空席があった。

年間勝ち点一位のサンフレッチェの佐藤寿人選手も戸惑いを隠せないと言った感じだった。
「年間勝ち点一位って何なんでしょう?」とつぶやいていたらしい。

ステージ優勝の様に表彰がある訳でもない。
チャンピオンシップでアドバンテージがある訳でもない。
全く意味が無いとは言わないが、確かに有難みは感じない。

営業、経営は当然大事

チャンピオンシップは地上波で全て放送され、一定の効果があったのかも知れない。
チャンピオンシップのメインスポンサーも付き、Jリーグに多額の収入があった事は容易に想像が付く。

経営的な問題からチャンピオンシップが必要というのは仕方ない面もある。
そうやとしても、もう少し何とかならなかっただろうか???

スーツ組のやる事は何もかもがサポーターの意見と逆行している様に思えてならない。
リーグを現在の春秋制から秋春制にしようとしているのも世界のリーグに合わせる為というのも理由の一つと謳っていたはずである。
ならば何故世界の主流から大きく離れた2ステージだけは積極的に採用したのか?
全く持って理解に苦しむ。

サポーターを無視した、サポーターの意見に耳を貸さないリーグの行く末は不安しかないと気付くべきである。

この記事を書いたユーザー

宮本文仁 このユーザーの他の記事を見る

フットサル、サッカーを中心にスポーツ全般好きです。
腕時計収集、ウエイクボード、スポーツ観戦、ファッション、釣り、アウトドアと多趣味男です。
海をこよなく愛している夏男でもあります。
スポーツは阪神タイガース、ガンバ大阪の熱狂的ファンです。

権利侵害申告はこちら