婚活パーティーや合コンが大人数の場合、ゆっくりとお話する時間が無いなんて場合も考えれます。
30対30位の大規模なパーティーだと、ものの3分位で次々とローテーション的に違う男性と話をしなければならないこともあるはずです。
「いいな」と思う男性がいても、なかなか短い時間で自分の良さってアピール出来ないと思いませんか?

出典 http://w.grapps.me

婚活で失敗しないために!短い時間で男性に好印象を与える方法をご紹介!

第一印象はとっても大切!

初対面で悪い印象を持たれてしまうと、後からどんなに頑張って挽回しようとしても、なかなか最初のイメージを拭い去ることはなかなかできません。後になって大変な思いをするよりは、第一印象を最高のものにするのが一番です、
メラビアンの法則の3つの要素を常に注意していれば、いつどこで誰に会っても、もう怖いものなし。素敵な男性と出会いに、ぜひこの法則をお役立て下さいネ!

出典 http://motejo.jp

人の第一印象が3つの要素で決まるのであれば、逆に3つの要素さえキチンとしていれば、第一印象は必ず良くなるのです!

好印象を与える方法① ミラーリング・シンメトリー

人間は不思議な物で、自分と同じ動きをする人を好ましいと思う性質があるのだとか。
その心理のことを心理学用語でミラーリング・シンメトリー効果と言います。
相手が立って話しているなら立って話すように心がけたり、相手がプロフィールカードを見ながら話しているのであれば、相手と同じようにプロフィールカードを眺めます。
わざとらしくでは無く、あくまで自然に行なうのがコツ。
「なんだろう居心地が良い」と思わせたらこっちのもの。
フリータイムでガッツリその人とおしゃべりするチャンスを狙いましょう。

好印象を与える方法② 会話に名前を紛れ込ませる

人は、自分の名前を呼んでた人に好感を持つと言われています。
仕事場でもそうですよね。「ねえ」とか「ちょっと」と呼ばれるよりも、「○○さん」と呼ばれたほうがちょっぴりうれしい気持ちになりませんか?
プロフィールカードで名前を確認したらしっかりと覚えて、会話の中に名前を紛れ込ませましょう。
「○○さんって〜なんですか?」とか「○○さんまたお話したいです」と名前を会話に挟んでみましょう。
名前を呼ばれると不思議と「この人は自分を判ろうとしてくれてるんではないか」という気持ちになり、あなたに好感を持ってくれること間違いなしです。

好印象を与える方法③ 目線を合わせるのは会話の半分まで

相手の目をみて離すことは、真剣に話を聞いていると相手に伝えることができる有効手段です。
でも、あまりにも相手の目を「じ〜」と見すぎていると、「もっとしっかりとした事を話さなければ」と相手を緊張させてしまうのだとか。
会話の最中に目を合わせる時間は、全体の時間の半分まで。1分なら30秒までにとどめておくのがポイントです。
また、会話のアクセントになる相槌ですが、上にあごをあげて相槌するのではなく、必ず目をみながら下にあごを動かすようにすると高感度UPです。

次のパーティーはいつもよりも人気UPできるはずです。
最後のスパイスはあなたの笑顔で決まり!
にこやかに「はじめまして」の挨拶をすることを忘れずに婚活頑張っていきましょうね!

この記事を書いたユーザー

スポットライト このユーザーの他の記事を見る

お願いします!

得意ジャンル
  • おでかけ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス